NHK『カーネーション』第11回

元AKB研修生(AKB的には「研究生」が正しいらしい)を自称する尾野真知子という今年デビューした人のエロDVDがあると知り(amazonで調べる)、いろいろギリギリなところを突いてくるなぁと感心している当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第11回目の放送を見ましたよ。

* * *
第2週「運命を開く」

善作(小林薫)は、またしても妻・千代(麻生祐未)を実家に派遣して金を借りてこさせようとした。しかし、一銭も借りることができなかった。千代の話によれば、これまで借りた金を全く返していないことではなく、善作が自分で来ないことが問題なのだという。

仕方のなくなった善作は、糸子(尾野真千子)を連れて神戸の妻の実家へ向かった。いつもなら善作に顔を合わせるたびに「学校を辞めたい、パッチ屋で働きたい」と直談判していた糸子であったが、何か様子のおかしいことを感じ取って、今日は黙っておくことにした。

清三郎と貞子(十朱幸代)は糸子を大歓迎した。しかし、善作に対してはいささか冷たく、よそよそしい態度だった。
清三郎は、糸子に席を外させると、善作にはびた一文金を貸さないと告げた。理由は、善作の呉服屋には将来性がないからだという。これからは洋服の時代になり、一流の呉服屋以外は生き残ることができない。善作の店は5年以内には潰れてしまうだろうというのだ。
店をたたんだ後は、清三郎が所有している姫路の工場で仕事を世話するという。そして、妻や子供たちは神戸に引き取るという。いわば、善作は家父長失格だと宣告されたのだ。

岸和田への帰り、善作は放心状態になっていた。往路よりも様子がおかしくなったことを感じ取った糸子は、学校をやめてパッチ屋で働きたいと試しに言ってみた。いつものように怒鳴ったり殴ったりすることもなく、力ない声で却下するだけだった。糸子はそれ以上何も言えなくなってしまった。

一家の女たちは夏祭りの夜店見物に出かけ、帰りが遅くなってしまった。善作にどやされるのではないかとヒヤヒヤしながら帰宅したが、善作はすでに布団を敷いて寝てしまっていた。明らかにいつもと様子が違うことに気付いたが、誰も本当の理由は知らなかった。どこか体調が悪いのだろうと思うのだった。
* * *



善作は、最後の頼みの綱だった妻の実家からも見放されてしまいました。本人は一家の大黒柱のつもりで強がっていましたが、義理の父の言葉でその幻想が打ち壊されてしまいました。善作は、小さい頃はだんじりの屋根に登ることを夢見ていたけれど、それも実現しなかったことを思い出します。自分は何をやっても上手くいかないのだと、自棄になっています。

ふと、善作は僕と同じくらいの歳なのではないかと気づいてしまいました。長女の糸子が15歳くらいです。大正時代は今よりも結婚適齢が若いはずなので、善作が20歳あたりで子供が生まれたとしたら、現在30歳半ばということになります。
これくらいの中年になると、自分の人生を振り返って「こんなはずじゃなかった」と思うことがいくらでも思いつくので、今日の放送を見ていると胸が苦しかったです。

でも、最後のほうで尾野真千子の足の裏が見れたので、暗い気分は帳消しでした。外から帰ってきて、下駄を脱ぎ、手ぬぐいで足を拭くシーンがあります。眼福でござる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。