40歳の少女40人

  1. 中島ひろ子、女優(1971年2月10日生)
    あと2日でこのリストを卒業。滑り込み。
  2. 純名りさ、女優(3月15日生)
    宝塚歌劇からNHK朝ドラ(『ぴあの』)に殴りこみってことで話題になったよね。
  3. 木村多江、女優(3月16日生)
    少年隊のヒガシの妻で、先ごろ出産したんでしたっけ?
  4. 安野モヨコ、漫画家(3月26日生)
    『監督不行届』は好きだが、それ以外の漫画はどうも僕のテイストじゃない。
  5. 伊藤智恵理、歌手・女優(4月1日生)
    フジテレビのドラマ『キスより簡単』に出てて好きでした。
  6. 西川史子、美容形成外科医・タレント(4月5日生)
    八重歯のSキャラは当方のど真ん中。いじめられたい。
  7. 伊藤美紀、女優(4月9日生)
    ホリプロスカウトキャラバンでは山瀬まみの翌年のグランプリですよね。
  8. つみきみほ、女優(4月13日生)
    ショートカットの元気少女系でしたっけ。彼女の後を継ぐのが内田有紀→広末涼子って感じ?
  9. 大久保佳代子、お笑いタレント(5月12日生)
    なんか、負け犬系女芸人としてたまにテレビで見かける人ですよね、確か。
  10. ソフィア・コッポラ、映画監督(5月14日生)
    彼女の父の映画は見たことないし、彼女の映画も見たこと無い。
  11. 光浦靖子、お笑いタレント(5月20日生)
    あの独特のキャラクターはいいよね。
  12. 木佐彩子、元フジテレビアナウンサー(5月26日生)
    僕は中井美穂の方が好きだな。
  13. 小松みゆき、女優(6月5日生)
    山瀬まみが週刊プレイボーイのグラビアを飾った時、すぐ後ろが彼女のヌードだった(参考)。
  14. 中嶋朋子、女優(6月5日生)
    『北の国から』のせいで、北海道出身じゃないのに道産子女子代表みたいに思われていた時代があったよね。吉岡秀隆と同じく。
  15. 仲村知夏、元歌手(6月26日生)
    『夕やけニャンニャン』の後番組、『桃色学園都市宣言』で猛プッシュされていたような記憶がある。
  16. 藤原紀香、女優(6月28日生)
    最近、やっと彼女の良さがわかってきた。昔は単なるフケ顔だと思ってた、なぜか。
  17. 田中律子、タレント(7月17日生)
    顔は完璧に思い出せるけど、どういう仕事をしていたかは思い出せない。
  18. 倉田真由美、漫画家(7月23日生)
    『だめんず・うぉーかー』を10ページくらい読んだことがある程度の付き合い。
  19. 檀れい、女優(8月4日生)
    勝手にもう10歳くらい上の世代だと思っていた。檀ふみとごっちゃになってたんだな。
  20. 河合美果、グラビアアイドル(8月8日生)
    おっぱい大きかった人?なんとなく覚えているような、いないような。
  21. 川村ティナ、タレント(8月16日生)
    あれ?具志堅ティナとごっちゃになってた。この人はさっぱりわからん。
  22. 中島知子、お笑いタレント(オセロ)(8月26日生)
    最近、スキャンダルっぽい話がちらほら聞こえてくるよね。軽く心配しております。
  23. 仁藤優子、女優(8月28日生)
    ホリプロなわけだが、一時期山瀬まみよりもプッシュされていたような気がして、むむむと思っていた。
  24. 細川ふみえ、女優(9月2日生)
    僕が「おっぱいだけでかけりゃいいってわけでもねーな」と思うきっかけを作ってくれた偉大な人。
  25. 愛田るか、AV女優(9月4日生)
    中学生の時「18歳になったらこの人のAVを見よう!」と決めていたのに、いざ18歳になった時にはもう旬が過ぎていた。
  26. 岡崎朋美、長野オリンピックスピードスケート女子500m銅メダリスト(9月7日生)
    ショートカットで、わりとキリリとした顔の人だったよね。
  27. 櫻井智、声優(9月10日生)
    80年代末のアイドル声優のトップだったよね。童顔で可愛かったし。
  28. ステラ・マッカートニー、ファッションデザイナー(9月13日生)
    偉大なポール・マッカートニーのご令嬢。
  29. リサ・ステッグマイヤー、タレント(9月25日生)
    僕の中では「クールビューティ」という位置づけなのだが、それは正しいのか?
  30. ティファニー、歌手(10月2日生)
    僕が洋楽に目覚めた1987年、大ヒットしてた。でも僕にはバタ臭いロリ顔に思えて怖かった。
  31. 奥井亜紀、歌手(10月19日生)
    代理母出産で物議をかもした人でしたっけ?あの騒ぎはどういう落とし所になったんでしたっけ?
  32. 立花理佐、タレント、元アイドル歌手(10月19日生)
    山瀬まみと同時期にB級アイドルをしていたのでよー覚えています。あの時代、バラドルになりきれなくて消えた感じか?
  33. 千秋、タレント(10月26日生)
    初めて知ったのは90年代の「ノンタンといっしょ」の声優だったけれど、声を聞いただけで「いい!」と思いましたよ。
  34. ウィノナ・ライダー、女優(10月29日生)
    唯一見たのは『シザーハンズ』。
  35. 松嶋尚美、お笑いタレント(オセロ)(12月2日生)
    初めて彼女を見た時、不覚にも「あれ?山瀬まみイメチェンしたのかな?」と思ってしまった。山瀬ファンとして一生の不覚。恥を偲んでここに告白する。
  36. 茂森あゆみ、シンガーソングライター(12月15日生)
    「だんご3兄弟」だよね?
  37. 牧瀬里穂、女優(12月17日生)
    90年代中期、なぜかCMに引っ張りだこだったよね。ただし、今これを書きながら、一色紗英と一瞬だけ混同してしまった。
  38. はな、タレント、モデル(12月21日生)
    みうらじゅんと仏像トークする人。
  39. 久保純子、アナウンサー(1972年1月24日生)
    『ブロードキャスター』で常に「年下のカワイコちゃん」という位置づけでみんなからちゃん付けで呼ばれていた山瀬まみのことを、唯一、さん付けで呼んだ人。
  40. 大東めぐみ、タレント(1月29日生)
    本上まなみと識別できません、僕は。なぜなんだろう。

発端は、国名の意味を忠実に訳したという地図。たとえば、日本は「日の出ずる処」、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国は「朝の美しい光」、中華人民共和国は「世界の中央の華やかな人民の国」などと書かれている。つぶさに見ていくと、笑えるのがたくさんある。「何事にも恐れぬ勇気」だの「ボートを漕ぐ人たちの国」だの「すごい平和の国」だの、「ライオンの山」とか「ライオンの町」とか、「あごヒゲ」や「古いあごヒゲ」、「一人住宅」なんてのもある。

その中で僕が一番気になったのは「40の少女」と訳されている国、キルギス。中央アジアにあり、先の地図では「世界の中央の華やかな人民の国」や「自由の民の地」、「自制する人の地」、「冠を持つ人の地」に囲まれている。
「40の少女」とは一体どういう意味なのか?字面だけ見ると、「40人の少女」という意味にも、「40歳の少女」という意味にも取れよう。もっとも、wikipedia の「キルギス」を見れば前者の意味であり、少女というのが部族の比喩だということもすぐにわかるのだが。

それはそれで一件落着だったのだが、やっぱり世の中には愉快な人たちがいるもので。

40歳過ぎの松田聖子が40人いる国だと思え」だの、アラフォー女子が「40歳でも少女と認めて欲しい」と嘆いていたり、「20歳の熟女」などと言葉の定義を曖昧にする奴が現れたり。
そんな彼らの願いを、頼まれもしないのに勝手に聞き入れ、2012年2月8日現在で満40歳の少女有名人をリストアップした次第。
まあ、確かにこの40人の国なら亡命してもいいかも。


リストはwikipediaの1971年誕生1972年誕生から恣意的にピックアップしました。各コメントは、適当に思い付いたことを書きました。

コメント (10)

  1. 僕はこれまでいろんな意味で木公氏を尊敬していたのだけど,今日ほど尊敬したことはない。このリストは偉大だ。だけど,こんなことで尊敬されてしまうこと自体,本人にとっては不名誉なんだろうなと思うと,やはりこのコメントを書かずにはいられなかった。

    • 尊敬していただけることは、ただただ嬉しいです。不名誉だなんて思いません。

      ただ、「いろんな意味で尊敬」と言われると、「悪い意味で」とか「慇懃無礼な意味で」とかネガティブなニュアンスも含みうるので、『様々な類まれなる行いについて尊敬」とか言われるともっと嬉しかったです。

      つーか、そもそも、そういったネガティブなニュアンスを含んだ褒め殺しだったら、即死です。あべしっ。

  2. 懺悔:
    あと3日待てば、みんなの大好きな緒川たまき(1972年2月11日生)をリストに加えることができたはずだったのに、それをしませんでした。どうか罪深き私めをお許し下さい。

  3. 3. 木村多江、女優(3月16日生)
    少年隊のヒガシの妻で、先ごろ出産したんでしたっけ?

    この説明文は木村佳乃ですよ~!
    多江さんはほら!
    薄幸の役が多い人ですよっ!

    • あれ?あれれ?

      今、写真確認しました。
      そして、僕は完全に木村多江の顔が東山紀之の妻だと思い込んでいたことがわかりました。ずっと「ヒガシって意外な趣味してんだな」って思ってました。

  4. ピンバック: [alm-ore] 40年最終講義33番勝負 (2011年度版)

  5. ども、ご無沙汰です。この方々一個上の学年なので、親近感と来年40という感覚とその他色々な思いで眺めておりました。
    1つだけツッコませていただくと、「31.奥井亜紀」、代理母の方は、向井亜紀さん。
    大学が同じだったので、学生時代ビンボーで大きなカバンを持ってて、それに学校のトイレットペーパーを拝借していたという都市伝説のような噂を知っております。昔は好感を持っていましたが、あの代理母の騒動で一気に戦う女の怖いイメージに…。

    • ツッコミありがとうございます。お恥ずかしい。
      ていうか、そもそも向井亜紀がどういう人なのか知らなかったのがそもそもの誤りでした。トイレットペーパーの人として、深く記憶に刻み付けることにします。

      さて、ご無沙汰している間に、僕は神奈川県民になりました。厚木在住なので小田急1本です。またデート(デート?デートなのか!?)して下さい。

  6. ピンバック: [alm-ore] 40歳の少女40人(2013年版)

  7. ピンバック: [alm-ore] 40歳の少女40人(2014年版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。