NHK『カーネーション』第104回

NHK『鶴瓶の家族に乾杯』の今週と来週のゲストは栗山千明様であり、ドラマのロケ地だった岡山県倉敷市を尋ねるというので絶対に見ようと思っている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第104回目の放送を見ましたよ。

* * *
第19週「自信」

1958年(昭和33年)、安岡美容室の制服は糸子(尾野真千子)によって一新された。糸子が新しい制服の様子を覗きに行くと、八重子(田丸麻紀)らの様子がおかしい。客を隠そうとしているのだ。そこでは、直子(川崎亜沙美)がパーマをあてようとしていた。

直子は上京するにあたり、田舎者だと馬鹿にされないように髪型を変えようとしていたのだ。自分で小遣いを貯めたのだから親に口出しされる筋合いは無いと突っぱねるが、糸子の猛反対によってパーマは中止されてしまった。直子はふてくされた。家に帰ってきても、東京で着るおしゃれな服がないと言っては拗ねてしまった。

糸子と八重子は、婦人雑誌でディオールの最新デザインの検討をした。若手デザイナー、イブ・サンローランが発表した洋服は「トラペーズ・ライン」と呼ばれるものだった。それはウエストラインが絞られておらず、肩からスカートに向けて緩やかに広がっていくシルエットであった。台形のようなシルエットが奇抜で、世界で流行の兆しを見せていた。
しかし、糸子にはその良さがさっぱりわからなかった。それはまるで、大正時代のアッパッパそっくりに思えたのだ。糸子は年若いイブ・サンローランのことを心底バカにした。

ある日、北村(ほっしゃん。)が家に訪ねてきた。糸子と組んで仕事をしたいという。流行しつつあるトラペーズ・ラインの既製服をいち早く発売するので手伝って欲しいというのだ。
しかし、糸子はきっぱりと断った。北村は業界にホラ話を吹聴する男だから信用できないのだ。それに加えて、トラペーズ・ラインの服など日本で売れるはずがないと決めてかかっている。外国人にしてみれば目新しくて良いかもしれないが、日本人が着ればアッパッパそっくりで垢抜けないと考えているからだ。
ただし、直子はトラペーズ・ラインを一目で気に入った。糸子は、北村と直子の見る目のなさに白けるばかりだった。

いよいよ、直子が服飾専門学校に入学するため、東京に旅立つ日となった。しかし、直子はまたしても朝からしょぼくれていた。東京に来て行く服がないと言ってしょげているのだ。糸子はイライラした。
ついに、直子はセーラー服を着ていくことにした。中途半端な格好をするくらいなら学校の制服を着た方がましだというのが直子の理屈だった。糸子は直子の極端な考え方に呆れてものが言えなくなった。

しかし、そんな直子でも、家からいなくなる寂しかった。糸子は直子のいなくなった机に向かって、しんみりとした時間を過ごした。
その寂しさを紛らわせるかのように、糸子はテレビを買った。聡子(安田美沙子)をはじめ、店の者や近所の人々も集まり、のど自慢番組を見ながら合唱した。愉快な時をすごした。
* * *



聡子が安田美沙子に変わりました。初登場シーンが、まさかのヒップ&太もも!これは朝からいいもん見ました。
というのも、聡子は順調に運動バカに成長しています。短パン姿で、家の階段を昇り降りしてトレーニングしていたのです。その様子をカメラが見上げるという構図でした。ほんとうにありがとうございます。

あと、女性の足の裏が大好きな当方は、尾野真千子の足の裏を見れたので嬉しかったです(直子の机に座るシーン)。その他、北村をほったらかしに、居間に横になってせんべいをかじるシーンが面白かったですね。すげぇイヤそうにしていました。
けれども、今日の尾野真千子は妙に若々しく見えた。尾野真千子単体を見るにあたっては文句がないのですが、娘たちと並ぶと母子に見えなくてキツイ。こりゃ夏木マリに変わるのも仕方ないなと思わんでもない。

コメント (4)

  1. 家族に乾杯、私毎週録画して前後半そろってからみてます。
    去年やってた中村勘太郎の会が良かった( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。