NHK『スカーレット』第1回

これまでの僕の人生では戸田恵梨香さんとはほとんど接点がなかったので、ここ数日慌てて Amazon Prime Video で『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』を見ている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の第1回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週『はじめまして信楽』

1947年(昭和22年)春、川原喜美子(川島夕空)の一家は滋賀県の信楽に移住した。

それまでは大阪で暮らしていたが、戦時中の空襲で家を焼かれ、戦後始めた商売も失敗し、ほぼ食い詰めたからである。父・常治(北村一輝)の戦友であった大野忠信(マギー)を頼って信楽に来たのである。父・常治は、戦地で怪我をした大野を背負って何十キロも歩いて救った。深い恩を感じている大野は、常治に安く家を譲り、手厚く迎えた。

喜美子は男勝りのおてんば娘である。
越してきて早々、近所の男の子たちと大立ち回りの喧嘩をした。喜美子が赤ん坊である末の妹の子守をしていると、その子が便を漏らした。そのことをからかわれたので、箒を持ち出して相手を叩きのめしたのである。
父・常治は引っ越してきたばかりで問題を起こさないよう喜美子を叱った。

喜美子は早速地元の学校に通うことになった。喜美子の登校前に、学校では喧嘩のことが噂になっていた。

また、登校途中で喜美子は謎の男を見つけた。

* * *


今回のヒロイン川原喜美子を演じるのは戸田恵梨香さんです。今日は、冒頭に大人の姿がワンシーンだけ。陶芸家になる女性だそうです。
窯に薪をくべる姿だけが紹介されました。母・マツ(富田靖子)が火事だと思って驚くほどの火の勢いなのに、さらに燃やすという姿でした。
今日の本編は子役で始まりましたが、幼いときも成長後も、男勝りで豪快な人物だということを説明する初回でした。

主題歌はSuperflyの『フレア』。このドラマの主題は、激しく燃える炎ということなのでしょう。

今の僕に書けるのはこれくらいです。面白くなかったです。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。