[まとめ記事終了します] NHK『虎に翼』第3回

一番好きな伊藤沙莉はドッキリにハメられているやつである当方が、NHK朝の連続テレビ小説『虎に翼』のまとめ記事連載を今日限りでやめることを決めましたよ。

* * *
第1週『女賢しくて牛売り損なう?』

今日の放送では、寅子(伊藤沙莉)が明律大学女子部法学科に進学するという新たな目標を得ました。

下宿人・佐田(仲野太賀)の弁当を届けるために夜間学校に行ったところ、「法律では女性は無能力者とされている」などといった講義内容が聞こえてきました。自分が不当に扱われているように思って、寅子は納得がいきません。
そんな寅子の姿を見つけた法学者・穂高(小林薫)は、寅子の意見を聞いた上で、法律に興味があるなら大学に進学するとよいと助言しました。寅子はそれこそ、自分の進むべき道だと思いました。

寅子の見合い結婚を誰よりも推し進めようとしている母・はる(石田ゆり子)は、しばらく故郷に帰省していて家にいません。その隙に、父・直言(岡部たかし)にだけ相談しました。すると父は大賛成してくれました。母の説得も自分に任せておけと胸を張るのでした。

こうして寅子は入学願書を準備し、試験勉強もはじめました。以前よりも毎日が充実しているように思えました。

そしていよいよ、母・はるが帰ってきました。寅子は、父・直言が母を言い負かしてくれるのかと期待していましたが、彼はなかなか言い出さないどころか、寅子を避けるようになってしまいました。結局彼は口先だけで、母に頭が上がらないのでした。

いよいよ寅子は母に直談判しようと思いました。しかし、大親友であり、兄・直道(上川周作)と近く結婚することの決まっている花江(森田望智)から止められました。花江は自分の結婚式が無事に終わるまでははるに機嫌よくいてほしいというのです。寅子の大学進学を知ったら、どうなることかと恐れているのです。

加えて花江は、自分は直道に一目惚れしたのだと打ち明けました。女は自由に結婚相手を選べないものの、なんとかして彼と結婚できるように、時には寅子も利用して、したたかにたち振る舞ったというのだ。寅子も自分の好きなように生きるためには、したたかに暗躍することが必要だと助言した。

* * *

ドッキリにハメられた伊藤沙莉風にいえば「楽しくねぇよ。」です。
というわけで、今回のまとめ記事根性だめしは三日坊主で終了です。ご愛読ありがとうございました。

次は、麻生久美子さんがヒロインの母役で出演する『おむすび』でお会いしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です