山瀬ベスト盤発売日延期: 3月16日→4月20日

山瀬まみのデビュー25周年記念ベスト盤「25th Anniversary Best Album」の発売日が1ヶ月ほど延期になった模様。
当初2011年3月16日発売とアナウンスされていたたのだが、4月20日に延期になった。

2010年度の終盤を山瀬ベスト盤発売だけを楽しみにしていた当方なので、これはキツイ。
しかし、「まだかな、まだかな~。山瀬のベスト盤まだかな~」(学研の学習雑誌のCMソングで)と歌いながらじっと我慢することにしますよ。
4月下旬生まれの当方なので、何よりの誕生日プレゼントなのだと思えば。

山瀬まみ25周年ベストの曲目の一部が判明

2011年3月で、山瀬まみはデビュー25周年を迎える。
それを記念して、3月16日に「山瀬まみ-25th Anniversary Best Album-」が発売される。CDとDVDが1枚ずつ入ったセットになる模様。

未だ全ての収録曲が明らかになってはいないが、その一部がHMVのサイトでリストアップされていた。
ここにそれを引用し、ちょっとした感想を書いてみる。

山瀬まみ 25周年ベスト! (HMV)より

【CD収録予定曲】

  1. メロンのためいき
  2. セシリア・Bの片思い
  3. Heartbreak Cafe
  4. Strange Pink
  5. 怪傑ぶんぶんガール
  6. 可愛いゝひとよ
  7. スターライト・セレナーデ
  8. 星空のエトランゼ
  9. サヨナラの子猫
  10. あ 不思議な気持ち
  11. Heart Candle / ポンヌフ(with 桂三枝)
  12. 笑顔でね ~結婚の歌~
  13. 曲名未定(LF「高橋克実と山瀬まみおしゃべりキャッチミー」タイアップソングを予定)
  14. 新録音曲または既存曲より
  15. 新録音曲または既存曲より
  16. 新録音曲または既存曲より

【DVD収録予定曲】

  • 『親指姫 LIVE AT TERADA SOKO F-GO』
    1. ビートパンク小僧
    2. 綺麗になりたい
    3. 恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから!
    4. I WANT YOU
    5. 芸能人様のお悩み
    6. YAMASEの気持ち
    7. かわいいルーシー
    8. ゴォ!
    9. ヒント
  • 『親指姫ふたたび LIVE TOUR 1991 AT POWER STATION』
    1. ゴォ!
    2. 198
    3. YOU ARE HAPPY
    4. ビートパンク小僧
    5. 花売り娘
    6. CRUSH YOUR PARTY
    7. 気分はWAR
    8. 本日ハSEITEN成り
    9. (デート)2
    10. 天使も災難
    11. 地球よ私のために廻れ!
    12. BURICCO
    13. 魔女っ子メグちゃん
  • 『PV』
    1. BURICCO
    2. ゴォ!

続きを読む

2011年1月16日「ソロモン流」に山瀬まみがチョイ出?

テレビ東京系の番組「ソロモン流」2011年1月16日21:54放送のゲストは清原亜希

彼女はモデルであり、元プロ野球選手の清原和博の妻でもあるそうだ。

清原夫妻には特に興味のない当方であるが、番組の予告になんと山瀬まみが登場。なんでも、清原亜希の親友だとか。
山瀬まみの登場シーンのためだけに、この番組を見る所存。
#ていうか、youtube にアップされた映像(テレビ東京オフィシャル)のサムネイルが山瀬まみである。

「恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから」Reimx

「恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから!」という曲がある。大槻ケンヂ作詞、内田雄一郎作曲。

元は、山瀬まみのCD『親指姫』に提供された。このCDアルバムは、「山瀬ロック化計画」と銘打たれていて、キッチュなハードロック路線だった。そんな中、アルバムのラストに収録されている同曲は、他とは一線を画す幻想的な雰囲気を持った曲だった。
若い頃は好きじゃなかったけれど、自分が年をとるにつれて、その良さがなんとなくわかるようになってきた。

その後、大槻ケンヂがカバーした。そちらはバンド編成のロック・バラードに仕上げられている。
一瞬同じ曲だとは思えなかったが、よく聞けば、間違いなく「恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから!」だった。
こちらのバージョンは、大人の雰囲気が満載で、これはこれで気に入っている。

過去にも当blogで紹介したことがあり、そちらで両方を聞き比べることができるようにしてある。

そして今回紹介したいのは、山瀬バージョンと大槻バージョンをどこかの誰かが勝手にリミックスしたバージョン。
なかなか上手に統合されていて、あたかも山瀬&大槻のデュエットって感じ。これもいい!

俺の中で、the Beatles の “I’ve got a feeling” が思い出されないこともない。

APiTA の節操の無さ(笑)

昨夜、プロ野球日本シリーズが終わった。千葉ロッテマリーンズが日本一になった。中日ドラゴンズが負けた。

セ・リーグのチームは阪神タイガース山瀬まみが阪神を応援しているから。参考)、パ・リーグでは北海道日本ハムファイターズ(当方は道産子だから)を応援している当方なので、今年の日本シリーズはどうでもいい組み合わせだった。
ちなみに、もし阪神 vs 日ハムで日本シリーズを戦うことになたら、当方は阪神を全力で応援する。去年までだったら、道産子のアイデンティティを発揮して日ハムを応援したところだが、今年は山瀬まみが阪神ファンらしいということを知ったので全力で阪神を応援するわけである。

そんなわけで、どーでもいいカードの日本シリーズだったわけだが、ちょっとだけ中日ドラゴンズを応援してたことをここに白状する。

続きを読む

Esse で山瀬まみ冬のおうち着プレゼント 12/14締切

レイヤード風チュニック山瀬まみとカジュアル衣料のコンジェ ペイエ アデュー トリステスのコラボレーション商品がこの冬も発売になるらしい。

そのプロモーションとして、雑誌「ESSE」では100名ほどにプレゼント企画をやっている。
ハガキで応募する必要があるが、ESSEを買っていない人でも応募できるそうだ(応募券などが必要なわけではない)。

山瀬まみを何よりもあいしている当方なので、このページの写真はどれも本気でかわゆいと言える当方であるが、特に青いチュニックが一番いいね。

山瀬ライブ1991年のテレビ放送?

Youtube をつらつら見ていたら、1991年の山瀬まみのライブ映像を見つけた。
これはまさしく、「山瀬まみライブ・ツアー1991 at POWER STATION」の時の映像だ。僕は札幌公演を観に行ったし、その後発売されたVHSも持っている。

しかし、Youtube で見た映像は、僕の持っているVHSとは違うものだ。僕のVHSにはリハーサル風景が収録されていない。一方で、Youtube の物にはそれがある。
そして特徴的な点として、1本目(Go!)の映像の 1:10 あたりに「[S]ステレオ」という表記が出る。これはおそらくテレビ放送されたものだと思われる。

こんなの俺は存在を知らなかったよ!見たことねぇよ!スゲェ悔しい。全編欲しい。
#CMが山瀬まみ出演の住友金属というところも泣かせる。

いいなー、いいなー、いいなー。

続きを読む

NHK『てっぱん』第6回

 山瀬まみが朝ドラに出演することはあるだろうかと考え、年齢や容姿的にヒロインは絶対に無理っぽいので、せめてヒロインの母親役はどうだろうか、ヒロインの母役っつーのはいつもわりと意外な女優がやっていてそれはそれで楽しみだしな・・・などと思うのだが、芸能界におけるキャラ/立ち位置的にあと10年くらいは山瀬まみにドラマの仕事が回ってくるとは思えず、それだけ経てば山瀬まみも50歳を超えてしまうので、母役っつーよりは祖母にキャスティングされてしまう可能性が高く、それを見てみたいような見たくないような気がするのだが、冷静に考えれば「ヒロインの近所に住む、噂好きで何かと口うるさく、お節介なおばちゃん」役が山瀬まみにぴったりっぽいよな、みんなもそう思うよね?・・・とつらつら考えた当方が、NHK連続テレビ小説『てっぱん』の第6回めの放送を見ましたよ。

* * *

第1週「ばあちゃんが来た!」

 遺品のトランペットを吹くことは、自分の産みの母親(木南晴夏)のことを認めることになる。逡巡するあかり(瀧本美織)。
 しかし、腹をくくって演奏を始めた。

 トランペットを吹きながら、あかりは尾道の育ての家族の顔が次々に思い出された。それはとても不思議な感覚だった。
 そして何よりも、演奏することが楽しくて仕方なかった。

 初音(富司純子)も同じだった。あかりの吹くトランペットの音色を聞くと、死んだ娘のことばかりが思い出された。その音は、まさしく死んだ千春の音だった。
 あかりはその音色を会ったことのない母親の音だと感じるのだった。

 1曲終わると、初音は背中を向け急ぎ足で立ち去ってしまった。

 演奏会の打ち上げはお好み焼き屋で行われた。
 あかりは大阪のお好み焼きを見て驚いた。広島地方では具とタネを別々に焼いて重ねる食べ方が主流だ。しかし、大阪では具と小麦粉を最初によく混ぜあわせてから焼くらしく、初めての経験に興味津々だった。

 いよいよ食べ始めようという時に、バンドの顧問の音大講師・岩崎(柏原収史)から声をかけられた。使用したトランペットとあかりの相性は抜群だという。演奏中のあかりはとても気持よさそうだった。楽器の方も気持ちいいと思っている、もっとあかりに吹かれたいと思っているに違いないと言うのだった。
 その話を聞いて、あかりは居ても立ってもいられなくなった。焼きあがったお好み焼きには手をつけず、慌てて店を飛び出してしまった。

 あかりは一目散に初音の家に向かった。初音と顔を合わせると、胸を張って「トランペットを吹いた!」と叫んだ。遺品のトランペットを吹いたことで、モヤモヤしていた気持ちは全て吹っ切れたと言う。
 あかねは自信満々にトランペットを初音に突き出した。返すというのだ。

 初音が受け取るのを躊躇していると、あかりの腹が鳴った。初音はちょうど昼食の用意をしていて、奥からは美味しそうなにおいがする。そういえば、朝早くに尾道を出てきて、まだ何も食べていなかったことを思い出した。
 初音は、ぶっきらぼうな態度は改めなかったが、あかりを家にあげてやって食卓に付かせた。

 あかりは初音の作った親子丼を一口食べて、満面の笑みを浮かべた。その様子を見た初音はこっそりと、かつ、微かにうれしそうな顔をした。
 家のことを聞かれた初音は、自分は親戚縁者がなく、モデルのジェシカ(ともさかりえ)を下宿人でお置いているだけであると話した。夫にも一人娘にも先立たれたというのだ。
 初音は、家出した娘が尾道で孫を産んだことの因果を恨めしく言いながらも、あかりには尾道の育ての家族に感謝しろと説いた。

 腹の膨れたあかりは、すぐさま尾道に帰ることにした。トランペットは丁寧にケースにしまって、初音のところに置いていくことにした。

 立ち去る時、あかりは「最後のお願い」があると言い出した。何があってもトランペットは捨てないで欲しいと懇願した。初音は呆れ顔を作りながらも、最後の願いなら仕方が無いと請け負った。
 あかりは一本とった気持ちで得意になった。

 逆に初音は、食事は美味しかったかと尋ねた。あかりはとても美味しかったと答えた。満腹になったと答えた。
 初音は「音楽みたいなものでは腹は膨れない」と言った。それは、尾道でふたりが最初に出会ったときに、初音があかりに言い放ったのと同じ言葉だった。

 初音は勝ち誇った表情を浮かべ、ピシャリと戸を閉めた。
 あかりは家の前で地団駄を踏んだ。

* * *

続きを読む

10月3日0:00 より『今夜も生でさだまさし』(熊本)

 2010年10月3日(日) 0:00より、NHK総合で『今夜も生でさだまさし』が放送される(土曜日深夜)。
 今回は、熊本からの中継であり「火の国熊本さだ馬刺し」というオヤジギャグ的サブタイトルが付けられている。

続きを読む