東直己『探偵はBARにいる』の映画化を東映が正式発表

東映株式会社のwebページに、映画『探偵はBARにいる』の情報がアップされている。
まだほとんど何も書かれていないが、大泉洋が主演だという噂も聞く。

謎の女との接触が呼び寄せた三つの殺人事件-。不可解な事件の真相は?謎の女の正体は?全てが終わる時、探偵を待つものは?日本推理作家協会賞受賞の東直己の人気シリーズ<ススキノ探偵シリーズ>が遂に映画化!原作はシリーズ第二作目の『バーにかかってきた電話』。2011年、新たなるエンターテインメントが誕生する!!


2011年9月公開予定とのこと。




僕は原作を2年前に読んだのだが、とても面白かった。

シリーズ1作目を飛ばして2作目が映画化されるとのことだが、確かに1作目(時代背景は80年代)のプロットは2010年代の今日では時代錯誤な感じがするかもしれない。

その点、2作目のお話は、現代に時代を移しても十分に成り立つストーリーだと思う。それを映画化する判断にも頷ける。


そして、どーでもいいが、2年前に原作を読んだ時、当方の脳内では主人公に大泉洋がキャスティングされていた。そのことがちゃんと書かれている
そんなわけで、大泉洋が映画の主演だとしたら、当方のイメージぴったりなのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。