NHK『あまちゃん』第30回

お茶のコップを倒してしまったのだが、そばに置いていた有川浩『植物図鑑』は被害を受けず無事であったことを報告するとともに、「ここが朝倉かすみとの格の違いか」などと思ってしまったことを告白する当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の第30回めの放送を見ましたよ。

* * *
第5週「おら、先輩が好きだ!」

潜水土木科の実習は思っていた以上にハードで危険と隣り合わせだった。自然とアキ(能年玲奈)は、祖父・忠兵衛(蟹江敬三)の遺影に毎日無事を祈るのが習慣になった。

ただし、アキは祖父の死因や命日を知らない。夏(宮本信子)に聞いてみたが、返事はいまひとつ要領を得なかった。しかし、ちょうど1年であるらしいことがわかった。夏によれば、常に漁師の妻は、夫が二度と帰ってこないものと覚悟を決めて送り出す。だから辛くはないのだと話した。

学校でのアキは、編入で遅れている分を取り戻すのに必死だ。生徒はみな2年生で潜水士の資格を取得する。アキもそうするつもりなのだ。放課後は種市(福士蒼汰)がつきっきりで勉強を見てくれた。帰りが送れる分、ユイ(橋本愛)とは別々に下校するようになった。

アキが駅で列車を待っていると、ヒロシ(小池徹平)が近寄ってきた。告白したことの返事を聞かせて欲しいと詰め寄ってきた。種市のことを好きになったアキは、ヒロシと交際する気はなかった。しかし、本当のことを言うとヒロシは以前のように引きこもりになってしまうかもしれない。そこで「潜水士の勉強に集中したい」と方便を使って逃げた。

ヒロシに対する配所はするものの、アキは彼に対して腹を立てた。いつもタイミングが悪いのだ。最初の告白は本気獲りの前日だった。動揺して一睡もできずに海に潜ることになった(第23回)。今は種市や潜水士のことで頭がいっぱいだ。彼の間の悪さを思うとイライラして眠れなくなった。

眠れなくなって家の中をうろついていると、仏壇から祖父・忠兵衛の遺影がなくなっていることに気づいた。慌てて夏を叩き起こすが、夏は片付けたと一言言ったきり、また寝てしまった。

アキは夏の態度が怪しいと思った。思い返してみれば、近頃の夏は妙にソワソワして楽しそうにしている。喫茶リアスでみんなに話すと、春子(小泉今日子)にも思い当たるフシがあるという。普段はお洒落には全く頓着しないはずの夏が、化粧をしたりきれいな服を着るようになったと言うのだ。アキと春子の結論は、夏に好きな人ができたというものだった。

琥珀掘り・小田(塩見三省)は、琥珀アクセサリーの内職のために漁協に通っている。そこでの目撃談を語った。漁期が終わっているのにも関わらず、夏が毎日顔を出すのだという。しかも、漁協長・長内(でんでん)と妙に親しげで、体と顔を寄せあって話しているのを何度も見たのだという。夏と長内の関係が怪しまれた。次の週末、アキがウニ丼販売をしている間、家に残った春子が夏を問い詰めることとなった。

ウニ丼販売日当日。アキは車内である老人に目を留めた。なんと、その男は祖父・忠兵衛に瓜二つだったのだ。
* * *


おじいちゃん(蟹江敬三)は生きていた!
ていうか、第1回から忠兵衛の遺影は映っていて、春子(小泉今日子)がいろんな人に忠兵衛のことを聞いていた。しかし、みんながみんな、口裏を合わせるようにごまかしていた。ついに本人がアキの前に現れた。

そんなわけで、来週のサブタイトルは「おらのじっちゃん、大暴れ」。どんだけ暴れるのか楽しみです。
ていうか、これまでのサブタイトルはいずれも「おら、・・・」となっており、アキ(能年玲奈)が主語になっていた(「おら、この海が好きだ!」、「おら、東京さ帰りたくねぇ」、「おら、友だちができた!」、「おら、ウニが獲りてぇ」、「おら、先輩が好きだ!」)。それが、忠兵衛に主語が変わるわけだ。深い意味があるのだろうか。

予告を見る限りドタバタコメディっぽくて、大根で殴りあってる様子などもありました(あまちゃんの公式サイトで見れる。1週間分のあらすじもあるから閲覧注意)。来週も楽しみです。
ていうか、予告の冒頭が「5時だべ、わんこちゃんねる」というローカル情報番組のオープニングシーン(女性キャスター)だったのにも度肝を抜かれました。楽しみすぎる。


『あまちゃん』ヒストリー(時系列表)
『あまちゃん』 つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。