NHK『あまちゃん』第46回

劇中では2月になったわけだが、アキ(能年玲奈)は種市(福士蒼汰)にバレンタイン・チョコを用意していないのだろうか、女子高生の告白といえばそれが定番じゃないか、デート(デート?デートなのか!?)してくれと頼むならバレチョコを携えるのが王道じゃないか、などということが気になって眠りの浅かった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の第46回めの放送を見ましたよ。

* * *
第8週「おら、ドキドキがとまんねぇ」

2008年2月、北三陸鉄道廃止案が持ち上がった。起死回生の手として、大吉(杉本哲太)はお座敷列車を運行することを決めた。車両改装等の準備を行い、3月に運行する。アキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)が乗り込んで歌を披露することが目玉企画とされた。

アキの希望で「潮騒のメモリー」を歌うことした。喫茶リアスのカラオケでアキの歌唱力を試すこととなった。しかし、アキの歌は人に聞かせられるレベルではなかった。ユイも「時をかける少女」を歌ってみたが、こちらも到底褒められたものではなかった。それを聞いて失望した弥生(渡辺えり)が歌唱指導をすることとなった。実は弥生は歌が得意なのだ。「愛の讃歌」を朗々と歌い上げ、皆が彼女の実力を認めた。

3月になった。
4月から東京で働く種市(福士蒼汰)が北三陸市にいられるのもあと少しである。ところが、最近の種市はアキに対して素っ気ない態度を貫いている。アキが潜水試験に合格し、約束通りデート(デート?デートなのか!?)して欲しいと言った時から種市がよそよそしいのだ。アキはそのことが気になってボーっとしていた。

ある日の放課後、アキとユイはリアスで歌の練習をすることになっていた。ユイはしばし練習を抜け出し、駅の待合室で種市を待ち伏せていた。そして、種市の姿を見つけるやいなや、怒りを露わに詰め寄った。種市の態度をアキから聞いていて、そのことを怒っているのだ。女の子の気持ちを踏みにじっていることを詰り、1回くらいデート(デート?デートなのか!?)に付き合ってやれとまくし立てた。

すると種市は、ユイに何かを伝えた。それを聞いたユイは急におとなしくなった。種市と別れ、リアスに入るとアキと練習を交代した。アキが休憩のために駅待合室へ行くと、種市に話があると呼び止められた。アキは喜び勇んでついていくことにした。

アキは種市を無人の車両倉庫へ案内した。そこには改装中のお座敷列車があり、ふたりで見学した。車内をぶらつきながら、アキはユイのことを話した。ふたりは親友で大の仲良しであること、初めて会ったのも北三陸鉄道の車内だったこと(第4回)などを楽しそうに話した。

その時、照明が全て消えた。作業を終えて無人になったと思った副駅長・吉田(荒川良々)が戸締りをしてしまったのだ。ふたりは倉庫の中に閉じ込められてしまい、焚き火で暖を取った。

アキが「潮騒のメモリー」を歌うと、種市は三島由紀夫の恋愛小説『潮騒』のことを話した。「潮騒のメモリー」の歌詞にある「火を飛び越えて」というのは、『潮騒』の有名なセリフだと言うのだ。「火を飛び越えて来い」と言われ、その通りに飛び越えて男女が抱き合うシーンが最も有名だという。

暗い倉庫の中で焚き火の明かりだけがあり、その焚き火にまつわる恋愛小説の話をした。アキはひどくロマンチックな気分になった。ふたりはしばし無言で見つめ合った。

その時、倉庫の中でケータイ電話が鳴り出した。副駅長・吉田が置き忘れていたのだ。紛失に気づいた吉田は、自分のケータイに電話をかけて探していた。

着信音に気づいた種市は、ケータイを拾いに行った。しかし、焚き火と『潮騒』に夢中になっていたアキは、ケータイのことには気づいていなかった。種市が向こうへ歩いて行ったのは、『潮騒』を再現する目的なのだと思い込んでしまった。アキは種市が止めるのも聞かず、助走をつけて火を飛び越えようと進みだした。

その時、ケータイの在り処に気づいた吉田が飛び込んで来た。アキよりも早く焚き火を越え、種市に飛びついてケータイを取り戻した。
* * *


種市(福士蒼汰)はユイ(橋本愛)に何か決定的な一言を告げたようです。しかし、放送では「俺と・・・」と言った瞬間に場面が切り替わってしまったので、何を言ったのかはぼやかされていました。ぼやかされていましたが、それまで怒り心頭だったユイが急にしおらしくなり、アキ(能年玲奈)に対してもどこか申し訳無さそうな表情を浮かべるようになりました。

これまで何度か種市がユイを横目で見るシーンがありましたので、種市はユイのことを好きだったという事でしょうか。「実は俺、ユイのことが好きだ」とかなんとか言ったんじゃないかと予想されます。アキは種市のことが好きで、種市はユイのことが好きで、ユイとアキは大親友だという三角関係であったのだろうと。
種市は、アキがユイの親友だと思えばこそ、勉強の面倒を見るなど親切にしていた。しかし、アキから恋心を告げられると、ユイの手前応じることができない。かと言って、無下に断るとそれもまたユイをがっかりさせることになる。そんな板挟みだったのでしょう。

そして、今日の放送で、ついにユイに告白したのではないかと思われます。ユイに告白すると同時に、アキに断りを告げようとしたのだと思われます。次に板挟みになったのはユイです。それは、ユイがアキに話しかけた時の複雑な表情に表れていました。
この後、きっと波乱です。

その他、本文から割愛したこととしては、ヒロシ(小池徹平)が観光協会事務員の栗原しおり(安藤玉恵)を突然ふたりっきりで飲みに誘いました。軽くフラグが立ってるっぽい。ヒロシはアキを諦めたのか?

リアスでユイが原宿でのスカウトのことについて知っている限りのことを話していると、琥珀掘りの弟子入りをした水口(松田龍平)が原宿には怪しい者も多いから気をつけろなどと急に一言だけ口を挟んだりします。お前が怪しい。

今日の大吉(杉本哲太)のカラオケはVan Halenの『Jump』でした。1984年のヒット曲であり、アキが焚き火を飛び越えようかというシーンに被せられていました。大吉は全然歌えてなかったし、振りもめちゃめちゃだったけど。


『あまちゃん』ヒストリー(時系列表)
『あまちゃん』 つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. ピンバック: [alm-ore] NHK『あまちゃん』第48回

  2. ピンバック: [alm-ore] NHK『あまちゃん』第124回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。