NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第21回

 今週の放送では、放送回数と日付が一致していることにふと気づいた当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第21回めの放送を21日に見ましたよ。

* * *

 寝支度を整え、寝室に入る布美枝(松下奈緒)。茂(向井理)はすっかり眠ってしまっている。布美枝は、無造作に脱ぎ散らかされた衣服と共に、取り外された義手が無造作に放置されているのを目に止めた。左腕のない寝間着姿を見て、彼のこれまでの苦労を思いやった。

 寝室の窓から外を見ていると、茂が起きてきた。窓から見える風景や山の向こうから聞こえてくる狐の声などの話を聞かせてくれた。
 腕のない茂の姿を初めて間近で見て戸惑う布美枝に対して、茂は形だけ見繕っても仕方ない、普段は全く装着する気がないと明るく話す。そうして茂はいつの間にか窓辺で眠りこけてしまった。まだ茂に会うのが2回目である布美枝は、今後の暮らしに対してまだ不安を持っていた。

 さらに翌朝。自分の実家と違って、各人が勝手に朝食を摂る様子や、何かと口うるさい母(竹下景子)の姿に布美枝は戸惑いを感じるのであった。特に、茂が好きなだけ寝坊させてもらっている姿や、矢継ぎ早に嫁の心得を伝えられることには密かに驚きを覚えていた。

 そして、いよいよ東京へ向けて出発した。

* * *


 オープニングは、浴衣で洗い髪の松下奈緒が薄暗い階段を登ってくるシーンでした。正直に言うと、幽霊が出てきたかと思って「ひぃぃ」と言ってしまいました。映像の暗さと浴衣に無造作に濡れた髪が、川から這い上がってきて柳の下にぬぅと立つ水死体幽霊のように見えたのです。

 お話自体は、今日も停滞気味でした。しかし、布美枝が茂の人となりをゆっくりと戸惑いながらも理解して行くプロセスを物語の展開の遅さに重ねあわせているのだと考えれば、それはそれでアリなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。