NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第28回

 せっかくの連休だというのに、どこにも出かける予定のない当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第28回めの放送を見ましたよ。

* * *


 茂(向井理)が貸本漫画家の中森(中村靖日)に部屋を貸すことを決めた理由は、何よりも家賃が目的であった。貯金もなく、原稿料も叩かれ、家財道具の質入れもしている境遇に加え、布美枝(松下奈緒)も養わなくてはならないので渡りに舟だったのである。

 新婚家庭の貧困さをハッキリとは意識していなかった布美枝は、中森から貸本業界の景気の悪さを聞き、やっと状況を理解することができた。渋々ながらも、中森からの家賃収入をあてにし始める。

 翌日、茂の作品が完成した。出版社に届けに行く茂を見送りながら、布美枝も上機嫌になる。茂に気持ちよく仕事をしてもらおうと、彼の部屋の掃除を始める。
 出版社長の富田(うじきつよし)は「墓場の鬼太郎」をこき下ろす。前回から始まった茂の怪奇漫画シリーズは総スカンをくらい、返品・苦情の山であることに機嫌を損ねているのだ。なんとか今回分の原稿料は受け取ることができたが、怪奇漫画は打ち切りが決定した。次は戦記物でなければ受け取らないと言う。

 茂と入れ替わりに、漫画家の戌井(梶原善)が原稿を持ってやって来た。机の上に放置されていた「墓場の鬼太郎」に目を留め、戌井は強く感銘を受けた。

 茂は原稿料を持って質屋へ直行し、ラジオを質受した。自分が仕事ばかりで布美枝の相手をしてやれないことを申し訳なく思い、せめてラジオで暇つぶしをしてもらおうと思ったのだ。質屋では状態の良い自転車にも目をつけたが、そこまでの金はなかった。

 ラジオを持って帰ると布美枝は事のほか喜んだ。その様子を見て、茂も思わず顔がほころぶ。家の中が明るい雰囲気になった。

 しかし、勝手に片付けられた仕事部屋を見て、茂は布美枝を叱るのであった。

* * *





 「保守的な人物からは才能が認められない → 先見の明を持った人物からはその才能を見抜かれる」
 という茂ルートと、
 「夫の仕事を間接的に支援しようと部屋を勝手に片付ける → 夫激怒」
 という布美枝ルートのいずれをとっても、ベタベタな展開。視聴者の8割以上が「わかった、わかった。もう皆まで言うな」っつー気持ちになりながら見ていただろうことは想像に難くない。

 しかし、こういう様式美は嫌いじゃない。視聴者から定番だとケチをつけられるのを嫌って、ストーリーはベタなのに妙な演出やギャグで一風変わって見せるよりは、ずっと良い。こういう安心して見られるベタ展開を今後も続けて欲しいものである。

 今日は休日モードのせいか、ドラマ終了後の番組はいつもの「あさイチ」ではなく、ニュースだった。キャスターは森本健成さん。ひじょうに落ち着いていてよかった(こっそり書くが、「あさイチ」はクソ面白くないので、NHK好きの当方ですら見ないことにしている)。

 アナウンサーの森本さんと言えば、当方が朝の連ドラにハマるきっかけとなった「ちりとてちん」との関係を述べておかねばなるまい。当時、ドラマ終了後のニュースを同アナが担当していた。その日のドラマが笑えた場合は笑顔で、泣けるときはちょっと目が潤んでいるなど、彼の表情は密かな話題となっていた。

 そんな彼が、「ちりとてちん」最終回の前日に「明日の最終回もご覧下さい」とアドリブを言ったのだ。それに驚いたスタッフが「おぉ~」と言った声もマイクに拾われて流れた。あれは凄かった(以前は youtube にアップされていたけれど、今は見つからなかった)。

コメント (1)

  1. NHK『おひさま』第23回

    「せっかくの連休だというのに、どこにも出かける予定のない当方」と、ちょうど1年前にも書いていた当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第23回目の放送を見ましたよ。 * * * 第4週「母の秘密」 茂樹(永山絢斗)が海軍飛行隊を志望していることを打ち明けた翌日、父・良一(寺脇康文)は何も告げずに早朝に家を出た。 茂樹は翌年1月の試験にむけて、春樹(田中圭)に勉強を見てもらっていた。そんな二人の兄を見ていて、陽子(井上真央)は頼もしく思った。茂樹が合格して家を出ていくことを心から望む一方で、この…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。