NHK『ゲゲゲの女房』第42回

 未明に39.0度だったのが、37.2度まで体温の下がってきた当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第42回めの放送を見ましたよ。

* * *

「消えた紙芝居」
 杉浦(上條恒彦)は質屋に自分の紙芝居道具を持ち込んだ。質屋の主人(徳井優)は二束三文でしか引き取れないと言う。それで手を打とうとした杉浦であったが、土壇場になって質入れを取りやめた。布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)は質屋へ追いかけてきたが、すでに杉浦の姿はなかった。

 布美枝の直感で深大寺へ探しに来ると、杉浦はしょげかえってベンチに座っていた。自分には金がないこと、少しでも金を作って九州の炭鉱町に行けば紙芝居屋のニーズがあるのではないかと思っていることなどを、ふたりに告白する。布美枝は、苦しい生活費の中から思い切って金を出して手渡すことを決めた。一度は受け取りを辞する杉浦であった。しかし、紙芝居道具にはたくさんの思い出が詰まっているのだから売るはやめるべきだと説得する茂に深く頭を下げ、金を受け取った。それを持って杉浦は九州へと旅立って行った。

 布美枝は、ますます逼迫する家計の食費を抑えるために、貸本屋の美智子(松坂慶子)に料理を習いに来た。彼女は以前に食堂をやっていたので安くて美味しい料理のコツを教えてもらおうというのだ。茂の漫画の大ファンである小林青年(鈴木裕樹)もその場に居合わせ、茶の間で食事をご馳走になっていた。

 そこへ、店に客が来た。美智子が対応に出ると近所の工場で働く真弓(菊里ひかり; 桜井ひかり)であった。真弓は美智子のことを良き相談相手だと思っており、今日も話を聞いてもらいに来たのだ。彼女は小林からラブレターを貰ったけれど、自分からは断りにくくて困っている。小林は貸本屋によく顔を出すので、角が立たないように美智子から断ってくれるよう頼むのであった。それは、店の奥にいる小林本人に筒抜けであった。

 茂は、漫画の持ち込みで三海社という出版社を尋ねた。ひどく荒んだ事務所の中で、深沢(村上弘明)は毛布にくるまって寝ていた。気のない返事をする深沢であったが、茂が墓場鬼太郎の水木だと名乗ると、態度が激変した。

* * *


 結局、家計から無理して杉浦に金を渡すという、なんの工夫もない、かつ、そもそもそれしかあり得ないような方法で解決。1週間あれこれと引っ張ったわりには、どうもピンとこない結末。
 でもって、杉浦はこの後、炭鉱に行くらしいよ。当時の炭鉱は花形産業だが、後に時代を代表する斜陽産業になるわけだが。どこまで杉浦をいじめりゃ気が済むんだ、おい。

 週の最後を美談で終わらせるのかと思っていたら、小林が自分の失恋を知るやら、その場に居合わせた布美枝たちも気まずくなるやら。スッキリしないエンディングでした。来週の予告も、怒鳴っている人がいっぱい出てきて、なにやら不穏な感じでした。

 村上弘明演じる新キャラ・深沢は個性的で面白そうな感じですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。