NHK『ゲゲゲの女房』第55回

 シュールかつ奇想天外、それでいて洗練されたコントで人気のコンビラーメンズ片桐仁が貧乏神役で出演すると聞いて、彼の個性的な風貌は大好きなので嬉しいやら、1年前に放送されていた「つばさ」に出てきたラジオの精(イッセー尾形)は滑りまくりだったし大丈夫かなと心配になったりするやらの当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第55回めの放送を見ましたよ。

* * *


「こんにちは赤ちゃん」

 病院で検査を受け、布美枝(松下奈緒)の妊娠が確かめられた。
 病院の待合室では、医療費を支払えなくなって困っている母親を目撃したり、お産や子育てに金がかかると愚痴をこぼす母親たちの声を聞いた。自家の経済状況に照らして、不安になる布美枝。
 しかし、自分が母親になるという事実はそんな悩みを払拭してくれた。布美枝は有頂天になり、茂(向井理)になんと言って報告しようかと考えながら、意気揚々と家路についた。

 ところが、家では茂と下宿人の中森(中村靖日)が深刻な表情で向かい合っていた。漫画家としてついに芽が出なかった中森は、大阪に残してきた妻子の元に帰えり、40歳を超えた年齢で、襖貼り職人として一から出直すという。仲間が挫折したことに加え、家賃収入まで無くなったことを残念がる茂。さらに、中森のように子どもがいると生活が大変であり、貸本原稿の稼ぎ程度では家族を養うことは無理だとまで言い出す始末。
 それを聞いた布美枝は、自分の妊娠のことを言い出せなくなってしまった。

 改めて自分が稼がねばならないと思った布美枝は、化粧クリームセールスの仕事を続けるつもりだった。しかし、営業所長(吉田羊)は問題の発生を避けたいと思っている。特に客先でのトラブルが心配だと言い、布美枝はクビになってしまった。

 その日の夜、同業者の戌井(梶原善)も招いて、中森の送別会が開かれた。こういう事には鼻の効く浦木(杉浦太陽)もひょっこりと現れ、中森を紹介したのは自分だと主張して図々しく卓に並ぶのだった。村井家の料理が以前よりも質素になったと言ったり、中森らに対する無礼な物言いで場の空気が悪くなる。
 そこへ、はるこ(南明奈)まで現れた。作品が貸本として出版されることが決まり、それを報告に来たのだ。中森の事情を知らず、快活で明るく振舞うはるこ。そして、はるこに一目惚れした浦木は、中森を差し置いてはるこをちやほやする。そのため、周囲はますます白けて行く。
 布美枝は、明暗を分けるふたりの姿を見ていると胸が苦しくなった。それにつられて、妊娠のこともますます言い出せなくなってきたのだった。

* * *





 茂は布美枝の妊娠を知らないので、子供が家計を圧迫になると軽口を言う。はるこは中森の挫折を知らないので、自分の幸運を吹聴する。
 茂もはるこも、根は悪い人物ではない。そのつもりがなかったのに、布美枝と中森を傷つけてしまっているのだ。視聴者として俯瞰的立場から見ていると、その構図がハッキリと見えるので心苦しくなってくる。
 劇中では、唯一、布美枝が視聴者と同じだけの情報(他者の心情)を有している。主人公と視聴者を全く同じ心境に置くという手法が見事だと思える回だった。


 それから本日、浦木が再登場。はるこに対する恋愛フラグが立った。世間では大根との悪評高い杉浦太陽の演技ですが、むしろそのわざとらしすぎる演技のおかげで、浦木の恋心がよーくわかったのでヨシと思っている当方です。
 ちなみに、劇中で浦木は過去2度の離婚経験(妻に愛想をつかされた)があるそうです。

 浦木は現在、自称出版プロデューサーとなっています。ベストセラーにそっくりな本を出して、間違って買われるのを待つというセコイ商売をやってるそうです。
 そんな浦木ですが、過去に原稿料を踏み倒した富田(うじきつよし)と茂が再度手を組んだことをすでに知っていましたし、忠告もしていました。そっち方面もどうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。