NHK『ゲゲゲの女房』第116回

 今朝のNHkのニュースで、熊本の昔ながらの金魚売りについて「涼しい声で売らないと、金魚だけにキンギョ迷惑ですね」と言ったり、イタリアで開催された崖飛び込み大会(NHKの記事)を「命『がけ』」と表記したりといったダジャレのオンパレードにずっこけた当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第116回めの放送を見ましたよ。

* * *
「妖怪いそがし」

 茂(向井理)の大躍進の立役者であった豊川(眞島秀和)に異動命令が出て、『少年ランド』を離れることになった。会社の看板雑誌の編集長に大抜擢されたのだ。豊川は会社の命令には逆らえないと残念がりつつ、7年間に渡る茂との付き合いを思い返すのだった。
 担当編集者だった北村(加治将樹)も編集デスクに昇進し、これからは新人の松川冴子(杉本有美)が担当となる。菅井(柄本佑)や茂の父(風間杜夫)は、美人の彼女に、我を忘れて見とれてしまうのだった。

 藍子(菊池和澄)が水木しげるの娘であるということは、小学校中に知れ渡っていた。すぐにからかいの対象となった。鬼太郎の歌のとおりに藍子は朝寝坊で遅刻する、売れっ子漫画家の娘なのにみすぼらしい文房具を使っている、水木しげるは妖怪の存在を吹聴する嘘つきであるなどと言われ、藍子はひどく傷ついた。しかし、内気な藍子は何一つ言い返すことができなかった。

 一方、妹の喜子(松本春姫)はやんちゃで周囲を手こずらせていた。幼稚園ではお絵かきの時間にひとりだけ抜けだしてブランコで遊んでいるという。本人の言い分は、他人と争うことなくブランコを独占できるということだった。仕事場に闖入してくる喜子に手を焼きながらも、そのような合理的な点を茂は評価していた。しかし、布美枝(松下奈緒)は集団行動のできない喜子のことが心配になる。

 放課後、藍子は帰宅するや否や、学級名簿の職業欄に漫画家と書いたかどで布美枝に文句を言った。しかし、布美枝は、どうして茂の仕事を隠す必要があるのかと逆に言い聞かせた。茂は精魂込めて真面目に仕事をしており、誰に恥じることもない。売れない時代にもコツコツと描き続けた姿勢など、むしろ尊敬に値すると話した。

 藍子は笑顔を見せ、母に同意し、元気を取り戻した。
 しかし、それは彼女の芝居だった。むしろ藍子は、母に相談しても自分の気持は分かってもらえず、無駄だと思い知っただけだった。

 藍子が宿題をしていると、喜子が忍び寄ってきて風船を割って驚かせた。それが原因で大きなきょうだいゲンカになった。騒ぎを聞きつけてやって来た布美枝は、姉だという理由だけで藍子のみを叱るのだった。
 藍子はますます母への不満を募らせた。布美枝は、藍子の気持ちを全く理解できていなかった。
* * *





 本文からは割愛しましたが、茂の母(竹下景子)は心臓が痛いと訴えています。しかし、夫(風間杜夫)は適当に聞き流しています。近い将来、彼女が倒れて騒ぎになるとか、そういう展開だろうか。確かに、茂が50歳すぎの年齢だから、その母は相当高齢のはずだ。そろそろ別れがあるってことだろうな。

 物語のテーマは、母子のすれ違いという方向にシフトしました。先週までベタな恋愛模様(いずみ&倉田、菅井、北村)が続いたので、とても新鮮な展開に感じます。
 とはいえ、母子のすれ違いという話も、割とよく取り上げられる内容なので、マンネリにならないようにうまく扱って欲しいところ。

 冒頭の新人美人編集人・松川のシーンでは、菅井や茂の父が色めき立ち、またしても色恋物になるのかと心配したのですが、今日のところはサラリと流されました。
 とはいえ、彼女、僕の好きなタイプの女の子で、僕もちょっとクラクラ来た。杉本有美のサイトでは今風なメイクでバリバリしているけれど、ドラマの中では昭和中期のお嬢さん的なメイクで、なかなかそそるものがありました。いずみ役の朝倉えりかと、長澤まさみのいい所だけ抽出してブレントしたって感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。