NHK『おかえりモネ』第105回

今日の放送に出てきたトリコロールカラーのバックパックを見て、うまくボディを塗れなくて放棄したガンプラを思い出した当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第105回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『胸に秘めた思い』

亜哉子(鈴木京香)は家族みんなの前で、小学校教員を辞めた本当の理由を話した。龍己(藤竜也)は、亡き雅代(竹下景子)の介護のせいで辞めさせる羽目になったと思いこんでいる。その誤解も解かねばならないと思ったからだ。

東日本大震災の日、小学1年生の担任だった亜哉子は児童たちとともに学校に避難していた。児童たちの安全を守る責任があるにもかかわらず、亜哉子は学校を離れようとした。自分が腹を痛めて産んだ百音(清原果耶)と未知(蒔田彩珠)のことが心配でいられなくなったのだ。
我に返った亜哉子はその場に留まり、責任を全うした。しかし、一瞬でも小さな子どもたちを見捨てようとしたことで自己嫌悪に陥った。それから1年間は教師を続けたが、自責の念から逃れるように教師を辞めたのだと話した。
改めて、雅代の介護のために辞めたのではないと強調した。

話を聞いた龍己は納得した。今まで通りカキ養殖を手伝いたいという亜哉子の申し出を受け入れ、小規模ながらも突風被害を免れた設備で事業を継続することになった。

その数日後、雅代の七回忌の法要が行われた。
亜哉子はあらためて雅代との思い出を話した。亜哉子が耕治(内野聖陽)との結婚の決め手になったのは雅代だったと言う。とても魅力的な人であり、この家の家族になりたいと思ったのだという。雅代はカキ養殖、民宿、民宿に来る子どもたちの里親など、どの仕事も楽しそうでいつも笑っていた。その姿に憧れたと言う。
また雅代から、亀島に住む条件として教師を続けるよう諭されたという。いまだにこの地域では女が好きな仕事を続けることは難しい。亜哉子はせっかく教師になれたのだから、それを続けろと言われたのだ。それもあって、亜哉子はしばらく小学校教員を続けていた。

ある日、百音の職場に あかり(伊東蒼)が姿を見せた。
気象予報士やラジオの仕事に興味があるのかと尋ねるが、あかりはそんなものには全く興味がないと話した。むしろ、将来何をやりたいのか自分でもさっぱりわからないと言う。百音は気象予報士を目指す前の自分を見ているようで微笑ましく思った。

あかりは学校の勉強も苦手だと話した。高校には進学できそうだけれど、その後のことが全く見通せないという。
百音は、亜哉子をあかりの家庭教師にすることを思いついた。次の日曜、百音が車で送り迎えし、百音の家で亜哉子が勉強をみることになった。

あかりが楽しそうに勉強をするのはもちろん、亜哉子はもっと楽しそうに笑っていた。やはり亜哉子は子どもたちの世話をするのが心から好きなのだ。

その様子を覗き見ていた耕治にも感じ入るものがあった。
耕治は家の広間にホワイトボードやテーブルを並べ始めた。そして亜哉子に塾を始めることを提案した。民宿を再開して、里親として子どもたちを迎え入れるには時期尚早だが、近所の子どもたちを集めた塾ならすぐに始められるというのだ。
亜哉子と同様、耕治も子どもたちの笑顔をみたいと願った。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第104回

東海林さだお『ざんねんな食べ物事典』を読み始めたら、のっけから行動学に関する説明を受けた当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第104回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『胸に秘めた思い』

百音(清原果耶)の家族はそれぞれ来し方行く末について思い悩んでいた。それを目の当たりにしても百音は何も言うことができなかった。自分は一度家を離れたという負い目があったからだ。

朝の放送前、百音は菅波坂口健太郎)と電話で話した。家族が悩んでいるのに何もできない自分の心苦しさを打ち明けた。
菅波は、まずは彼らが胸に秘めていることを自由に話せるようにするべきだとアドバイスした。直接的な解決は無理でも、話をするだけで本人の心は軽くなる。ひょっとしたら、そこから解決の糸口が見つかるかもしれないというのだ。

その日の朝の放送で、百音は低気圧の接近を予報した。低気圧のせいで身体ばかりでなく、心の痛みがぶり返すことがあると話した。辛いことがあったら、少しずつでも外に吐き出してみて欲しいと促した。
百音の家族たちも、朝の支度をしながらその放送を聞いていた。

放送終了後、またしても中学校の制服姿の石井あかり(伊東蒼)が訪ねてきた。あかりは小学校時代の担任だった亜哉子(鈴木京香)に会いたいという。苗字が同じことから、百音が亜哉子の娘だと勘づいたのだ。百音はあかりを家に案内することにした。

亜哉子は姿を見るなり あかりのことを思い出した。そして再会できたことを心から喜んだ。百音の前では硬い表情を崩さない あかりであったが、亜哉子の前では少女らしい笑顔を見せた。あかりは3年生になる時に母方の実家である北海道へ引っ越した。6年ぶりに気仙沼に帰ってきたという。

あかりは、北海道での暮らしを聞かれると表情がくもった。あかりは北海道に住み続けたかったのだという。決して気仙沼のことが嫌いではないし、新しい中学校にも馴染み、友達がたくさんできた。それでも、北海道への愛着が生まれていたのだ。しかし、気仙沼に戻れたことを喜んでいる両親を見ていると、そのことを誰にも言えなかったという。亜哉子に話して、少し気が楽になった。

その夜、百音と亜哉子はふたりで夕飯の支度をしていた。亜哉子は、百音があかりと引き会わせてくれたことに改めて感謝した。
しかし、亜哉子が突然涙ぐんだ。

東日本大震災が発生した時、亜哉子は教員として小学1年生のあかりたちの担任だった。震災の夜はそのまま学校に留まり、あかりたちを守ろうと必死だった。
しかし、ふと百音や未知(蒔田彩珠)のことが心配で居ても立っても居られなくなったのだという。気付いたときには、児童たちを置き去りにして学校を出ようとしていたという。自分の娘よりも幼くか弱い子どもたちを見捨てようとしたことを今でも悔やんでいる様子であった。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第103回

暑いのか寒いのかよくわかんなくてしんどいなーと思っている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第103回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『胸に秘めた思い』

百音(清原果耶)は未知(蒔田彩珠)を迎えに行き、ふたりで帰宅した。未知は亮(永瀬廉)との関係が進展せず、心のバランスを失っていた。家族を心配させないよう、百音が話を聞き落ち着かせてから帰ってきた。それでも未知は元気がなかった。

ふたりが帰宅すると、亜哉子(鈴木京香)は民宿のなじみ客だった男声からの手紙を読んでいた。民宿を再開しようと考え始めた亜哉子は、昔の客たちに手紙を送った。そうしたところ返事が届いたのだ。
この地域の民宿では「島の里親制度」と呼ばれるものを行っていた。学校や家庭に馴染めない子を夏休み等に迎え入れて支援しようという制度である。それを利用してよく来ていた男の子からの返事だった。彼は当時のことを懐かしみ、民宿が再開されたらぜひ訪問したいと書いていた。亜哉子はそれをとても嬉しく思った。
亜哉子の気を未知から逸らすためにも、百音は一緒に喜んでみせた。

そこへ、地区の漁協長から電話がかかってきた。亜哉子が出たところ、龍己(藤竜也)がカキ棚の復旧を諦めたことを知らされた。亜哉子や娘たちには寝耳に水だった。すぐさま龍己を問いただした。

龍己はいずれ話すつもりだったと謝りつつ、自分の代でカキ養殖は終わりにするとあらためて話した。

未知は自分が後を継ぐと食って掛かった。彼女はそれを前提に水産高校に進学し、水産試験場で働くのも修行のためと思っているのだ。しかし、龍己は未知に継がせる気もないと言う。養殖技術の研究と、実際の養殖産業とは似ているようで実は違うものである。未知はいつしか研究に強い興味を抱くようになった。そのような未知に養殖産業を継がせるわけにはいかないというのだ。
未知は聞く耳を持たなかった。強情に自分が跡継ぎになると言いはった。

龍己と未知の言い合いが平行線になり、亜哉子が割って入った。当面は亜哉子が継ぐというのだ。細々とでも継続することが重要で、その間によりよい方法を見つければいいというのだ。
しかし、龍己はそれも否定した。龍己の見立てでは、亜哉子が本当にやりたいことは子どもと関わる仕事である。民宿を再開したいというのも「島の里親制度」を復活させたいからであると龍己は予想している。加えて、亜哉子が雅代(竹下景子)の介護のために教師を辞めざるを得なくなったことを今でも申し訳なく思っている。亜哉子にはこれ以上犠牲になってほしくないというのが龍己の考えだった。
亜哉子は、雅代の介護のせいで教師を辞めたわけではないと反論した。続けて、本当の理由を話そうとしたが、そこで口ごもってしまった。

そこで龍己は話を打ち切った。もうしばらくそれぞれが考える時間が必要だと判断したのだ。
その少し前に帰宅した耕治(内野聖陽)であったが、深刻な雰囲気に口を出せるでもなく、陰からじっと聞き耳を立てるだけだった。

その話し合いの後、百音は未知の部屋で話を聞いてやることにした。
未知は龍己の考えに不満だった。自分が跡継ぎになることは以前から自他共に認めていたはずなのに、急に反故にされたことに困惑しているのだ。

百音は、未知が研究をやりたがっていることを酌んでくれたのだろうと龍己を弁護した。しかし、その一言は未知の怒りの火に油を注ぐ事となった。
未知は、百音に嫉妬した。百音は自分のやりたいことを見つけ、それを地元で仕事にすることができた。好きな人とも気持ちが通じ合い、結婚の約束もしている。何もかもが順調である。
それに比べて、未知は何もかもが上手くいかないと言うのだ。研究と家業の跡継ぎのどちらを選べば良いのか自分でもわからず混乱しているという。さらに、亮の態度もはっきりしない。もうどうしていいかわからないと言って涙を流した。
百音は、未知の手を握ること以外何もできなくなってしまった。

翌早朝、百音が海に気嵐の様子を見に出かけようとしていたところ、耕治がトランペットを取り出して眺めていた。慌てて隠した耕治であったが、百音にしっかり見られてしまった。

耕治は、トランペット奏者を諦めて銀行員になったり、家業を継がなかった決断は正しかったのかと問うた。百音は、銀行で立派に出世したのだから間違っていなかったと話した。それを聞いて、耕治は自分で自分を言い聞かせようとした。

家族は、それぞれに家族のことを思い迷っていた。苦しい状況だった。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第102回

ドラマ『僕の姉ちゃん』の中で黒木華さんがホワイトロリータをバクバク食べていたので慌てて買いに行った当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第102回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『胸に秘めた思い』

百音(清原果耶)は、平日の午前中なのに学校にも行かず制服姿でコミュニティセンターに来ていた中学生・石井あかり(伊東蒼)に声をかけた。

あかりは口数は少ないが、思ったことを正直に言う少女だった。
百音が人の役に立ちたいから気象予報士になったと説明すると、きれい事だと言い切った。それは以前に亮(永瀬廉)に言われたのとまったく同じだった。百音は怒るわけでもなく、異口同音だったことに苦笑いし、あかりの評価は正しいと述べた。

あかりは気仙沼を6年間離れていたという。百音も5年半地元を離れていたので、互いの境遇は似ていると話した。しかし、あかりはそれだけで似ているとは言えないと反応した。百音はふたたび苦笑いし、不思議な雰囲気を醸し出すあかりのことがますます気になった。
もっと話をしたかったが、ラジオ放送の打ち合わせの時間になり、打ち切られてしまった。そのままあかりは帰っていった。

百音は、幼なじみで市職員になった早坂悠人(高田彪我)に地域防災について相談した。高齢者のいる世帯を把握し、早期避難のマニュアルを作成することで防災に役立てたいと話した。悠人によれば、それは役場でも取り組みたい課題だという。しかし、世帯構成の調査などは個人情報に関わる問題であり、百音が努めているような民間企業とは連携しにくいと難色を示した。

同じく幼なじみで、そのやりとりをそばで聞いていた後藤三生(前田航基)は、自分たちの住む亀島ならば住民が家族ぐるみの付き合いがあり情報共有することにも抵抗が少ないが、本土の市街地ではそうもいかない事情があるなどと話した。
それを聞いた百音は、まずは亀島をモデルケースとしてやってみるのが良いと思いついた。早速、百音は島の各家庭をまわり、高齢者のいる世帯の聞き取り調査を始めた。島民たちは協力的であり、百音に信頼を寄せているようだった。おかげで調査は順調に進んだ。地域防災マニュアルの作成にはずみが付き、百音は安堵した。

夜、百音は未知(蒔田彩珠)を街まで迎えに行った。未知は亮と飲んだあとで、したたかに酔っていた。
未知は、亮が漁から帰ってくるたびに飲みに誘うのだという。亮に断られたことは一度もないが、いつも早めの時間に帰らされてしまうという。自分は何年も亮のそばにいて助けになりたいと思っていたけれど、亮はそれを望んでいないかもしれないと思わされると話した。むしろ、亮はあえて人を好きにならないようにしているように見えると言う。そう思っても、未知は関係が壊れるのが怖くて亮に聞くことができないのだ。これまでの自分はいったい何をしてきたのだろうかと話した。

百音は、以前に亮が人を好きにならないと言ったことを思い出した。何よりも大切で好きな人が自分の目の前から消えてしまったら、自分自身が壊れてしまう。彼の父・新次(浅野忠信)は最愛の妻・美波(坂井真紀)を津波で亡くしてから自暴自棄になってしまった。亮は自分も同じようになるのを恐れているのだ。
亮の本心を知っている百音だったが、それを未知に言うわけにはいかなかった。

ふたりは誰もいなくなった夜間のコミュニティセンターで話をしていた。家族を心配させないように、未知の酔いを覚ましてから帰ろうとしていたからだ。
未知は、百音のオフィスに飾られている宇田川の絵に目を留めた。百音が東京から持ち帰ったその絵を見て、未知は東京のことを考えるのだった。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第101回

尾野真千子さんの『カーネーション』から10年かと遠い目になった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第101回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『胸に秘めた思い』

亜哉子(鈴木京香)が民宿を再開したがっているということは近所でも噂になり始めた。何人かが手伝いを申し出たが、亜哉子はもう少し考えてみると曖昧に答えた。

銀行員である耕治(内野聖陽)は、壊れてしまったカキ棚の復旧資金の借り入れ資料を作成し、龍己(藤竜也)に提案した。しかし、龍己はそれに見向きもしなかった。残った設備だけで細々と続け、自分の代で養殖業をたたむつもりだという。龍己は、家族にはまだ秘密にしておくよう耕治に釘を差した。

未知(蒔田彩珠)は水産試験場で働きながら、研究を続けていた。近年、海水温の上昇が顕著であるが、そのような環境に強いワカメの品種を発見した。その成果は、東京国際海洋大学の金子教授(遠山俊也)に注目され、大学で一緒に研究するよう何度も誘われた。未知は後ろ髪を引かれつつも地元に残りたいと思い、それを断り続けている。

耕治は本店営業部の部長への就任を打診されている。それは栄誉あるポストであり、定年の近い耕治にとってこれ以上ない花道である。しかし、来年の4月から仙台へ単身赴任しなくてはならない。家族と離れることを寂しく思っているのである。

耕治は、百音(清原果耶)が急に帰ってきたことについて、菅波(坂口健太郎)との間になにかあったのではないかと勘ぐった。むしろ、そうなったことを期待する節もあった。しかし、百音はきっぱりと否定した。いずれきちんと結婚するつもりだと堂々と答えた。家族はそれを頼もしく、嬉しく思った。

コミュニティFMラジオにおける百音の天気予報は、地元の人々の生活の一部になり始めていた。しかし、百音自身はまだ地元の人々の役に立っているとは思えず、これからが正念場だと気を引き締めていた。

このように、百音たち家族のそれぞれに転機が訪れていた。少しずつ前に進みたいと思いつつも、そのための勇気も出ないことが問題だった。

ある日、朝の天気予報を放送していた百音は、女子中学生(伊東蒼)がスタジオのあるコミュニティセンターをうろついていることに気付いた。制服姿なのに学校に行っていないことが気になった。ラジオ放送に興味があるのかもしれないと思い、放送後のスタジオを案内してやった。それには応じたものの、その少女はほとんど口もきかず黙ってばかりいた。

百音は、なにか聞きたいことがあれば自由に聞いてよいと告げて、仕事に戻ろうとした。
すると少女は、百音はなぜ気象予報士になろうと思ったのかと尋ねた。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第100回

本日ついに、我が最愛の山瀬まみの誕生日の前日を迎え、少々舞い上がっている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第100回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『気象予報士に何ができる?』

子どもたちがコミュニティFMの放送スタジオにやって来た。次の日曜に子ども会の秋祭りを開催するという告知である。子どもたちはたどたどしくも元気いっぱいに宣伝をした。百音(清原果耶)もたくさんの元気をもらった。

彼らが帰った後、百音は当日の天気予報を調べた。すると、朝は風のない良い天気だが、10時ころから風が吹き始め、午後にはひじょうに強い風が吹くと予想されていた。祭り会場となる公園を下見したところ、風を遮るような構造物がなく、屋台のテントなどが強風で倒壊するおそれのあることがわかった。

百音は保護者たちに祭りの延期を提案した。しかし、彼らは簡単には従わなかった。天気予報が必ず当たるとは限らない、風が吹き始めたら撤収すればよいなどと楽観的に考えているのだ。さらには、予報がはずれた時に百音は責任をとれるのかと詰め寄った。

説得に難儀した百音は、切り札となる情報を持ち出した。
その日の朝だけは風が吹かないので、海が穏やかで澄んでいる。このことから、今年初のアワビ漁の日になるかもしれないと話した。彼らにとって、アワビ漁は一家総出の大きなイベントであり収入源である。アワビ漁とも慣れば子ども会の祭りどころではない。
保護者たちは祭りの延期を決めた。

けれども、アワビ漁の許可はなかなか出なかった。百音は自分の予想がはずれ、保護者たちに吊るし上げられるのではないかとヤキモキしていた。
秋祭りが予定されていた日の前日、14時ころになってやっとアワビ漁解禁が発表された。百音の予想通り、秋祭りをやるはずだった日の朝、2時間だけ許可するというのだ。

コミュニティFMで告知した漁協長・太田(菅原大吉)は帰り際に百音に声をかけた。アワビ漁解禁日について情報提供した百音のことを邪険に扱っていたが、百音が勝手に置いていった資料を少しは参考にしたというのだ。太田の口調はぶっきらぼうであったが、百音への感謝がにじみ出ていた。それだけで百音は嬉しかった。

こうして、17日は朝からアワビ漁が行われ、予報通り風もなく海は澄み渡っていた。そして、午後にもやはり予報通り強い風が吹いた。全ては百音の予想通りだった。

子ども会保護者の中心人物である高橋(山口紗弥加)が百音にお礼を言いにきた。彼女は現在のコミュニティFMの前身となる災害FM放送にボランティアとして参加していた。そのため現在も思い入れがあり、百音が参加してくれたことを嬉しく思っているという。
そして、百音が人々のことを助けたいと思っていることに共感を示した。高橋が災害FMに参加した動機も同じだったからだ。高橋からの応援を受け、百音は嬉しかった。

一方で、自分の行く先を考えさせられることもあった。
大学を休学して復興や街づくりを手伝いつつ学びに来ていた水野一花(茅島みずき)が東京に戻ることにしたという。彼女は外から来た人間にはできることがないと思い知ったという。しばらく離れていたとはいえ、地元出身の百音とは立場が違うというのだ。
百音は、外から来た人だからこそより一生懸命考えるし、それによって良いこともあるかもしれないと話した。それは水野を励ます言葉であるとともに、自分を正当化するための発言だと自覚していた。
それでも気仙沼を去るという水野の意思は変わらなかった。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第99回

先週行ったDrop’sのライブの模様が公開されたのはいいんだけれど、僕の大好きなギタリストである荒谷ちゃんさんだけ逆光だったり後ろ姿だったりで、一切ご尊顔がお映りになっていないことに釈然としない当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第99回めの放送を見ましたよ。

NHK『おかえりモネ』第98回

柄にもなく「実るほど頭を垂れる稲穂かな」なんて格言を思い出している当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第98回めの放送を見ましたよ。
実るほど頭を垂れる稲穂かな

* * *
第20週『気象予報士に何ができる?』

百音(清原果耶)は気仙沼のコミュニティFMで気象情報を担当することになった。天気予報を中心に、市民に役立つ情報を伝えるという抱負を放送で語った。
しかし、開始当初は空回り気味だった。漁業、農業、復興、防災、観光、健康など、各テーマごとに事細かに気象に関する対応策を話しすぎ、聴取者からクレームがついた。明るい話題も必要だと注意された。

それでも百音の気象情報はレギュラー化され、日に3回、7時、12時、17時に放送されることになった。
また、放送スタジオと同じコミュニティセンターに部屋を借り、そこに所属会社ウェザーエキスパーツの気仙沼営業所を立ち上げた。

ある日、百音の幼なじみたちが家に集まった。

仕事で遅れた亮(永瀬廉)を未知(蒔田彩珠)が車で迎えに行った。亮は中古の漁船を購入するために貯金しており、車を買わずに節約しているのだ。必要な場合、幼なじみの悠人(高田彪我)や未知に車で送り迎えしてもらっている。本人は申し訳なく思っているが、未知はそれが嬉しそうだった。

百音は、未知と亮の関係の進展が気になっていた。
傍目にはとても仲がよさそうだった。しばしばふたりだけで飲みに行くこともあるようだった。亮によれば、未知は亮以上に酒に強いという。ただし、酔うと絡んだり、怒りっぽくなるのが玉に瑕だという。今日も酒を飲んでいる未知は、言われたことを証明するかのように、怒りながら亮の発言を否定した。
確かにふたりは息があっているように見えたが、百音らにはどうもそれ以上に深い関係になっているようには見えなかった。

亮は、百音が地元に返ってきた理由を尋ねた。東京で仕事も順調だったし、結婚の予定もあった。それらを反故にした理由がわからないというのだ。
加えて、「地元のために働きたい」という百音の言葉が綺麗事にしか思えないと言い捨てた。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第97回

今朝は寒いなと思う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第97回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『気象予報士に何ができる?』

2019年11月、百音(清原果耶)は生まれ故郷の気仙沼市亀島に帰ってきた。
早速、市役所の水産課や農林課など、気象に関する仕事を受注できないか相談に回ったが色よい返事が得られなかった。

最後に、「海のまち市民プラザ」を訪れた。ここは観光案内、図書室、カフェ、ミーティングルームなどを備えた施設で、今年の4月に市が解説したコミュニティセンターである。市民と役所が一緒にやりたいことをなんでもやることを目的にとしている。
百音の幼なじみであり、市職員となった早坂悠人(高田彪我)の勤め先でもある。彼を頼ってやってきた。

そこで百音は、悠人の上司である遠藤課長(山寺宏一)に面会し、「気嵐観光ツアー」の提案を行った。気嵐は海の上に低く霧の立ち込める幻想的な気象現象であり、人気が出るに違いない。しかし、毎日必ず発生するものではなく、気温や海水温などの条件が揃わないと見ることができない。そこで、気象予報士である百音が予測をして、気嵐を見ることができそうな日のみツアー参加者を募集するというアイディアである。
しかし、遠藤のいい顔をしなかった。予想がはずれることもあり得、自治体が主導して行うべきものではないというのだ。

百音が話の接穂を探していると、コミュニティFMラジオ「はまらいん気仙沼」の放送が聞こえてきた。これは遠藤課長らが中心となって、東日本大震災の直後、2011年3月22日に立ち上げたものだという。市民密着の地域情報を伝えることを使命としている。

このラジオ放送でも気象情報が伝えられていた。しかし、それは気象台の提供する情報をAIが自動的に取得し、合成音声で機械的に放送するというものだった。
百音は、気象情報を担当させて欲しいと願い出た。自分なら気象台の発表する情報をそのまま垂れ流すのではく、地域に特化した詳しい情報として伝えることができると力説した。遠藤はそれを採用した。彼は百音のテレビ放送を見ていてファンだったのだ。

翌日(11月5日)の正午から早速百音の気象情報コーナーが始まった。
あくまでボランティアとして出演ではあるが、吹奏楽の軽快な曲にのせて百音は張り切って話し始めた。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第96回

新型コロナウィルスのワクチンのせいなのか、昨日の夕方からずっと眠くて、昨夜は早く寝たのにまだ眠い当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第96回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『気象予報士に何ができる?』

百音(清原果耶)は故郷の島に戻って気象の仕事をすることを決めた。突風で破壊されたカキ棚の片付けを島民が総出で手伝っていることに心を動かされたからだ。自然を前に成すすべがなくとも、前向きに明るく生きている人々の姿を見て、自分も彼らと一緒に生きていきたいと思ったのだ。
会社に願い出て、地方営業所という名目で社員のまま派遣してもらえる算段もつけた。百音には最低限の基本給のみの支給であり、事業予算も30万円、2年以内に結果を出すことがノルマとなった。

朝の情報番組『あさキラッ』も降板し、オフィスの片付けも行った。百音はみんなに激励され、東京での最後の1日を過ごした。

住んでいたシェアハウスの片付けも一通り終え、明日美(恒松祐里)と酒を飲み交わした。

明日美は、百音をはじめ、幼なじみのほとんどが故郷に戻っていくことが不思議でならないと話した。多くの人は故郷を離れて何年か経てば地元のことなど忘れてしまうはずである。それなのに自分の親しい人は故郷に帰っていく。地元が大変な状況にあるから戻って貢献するのが当然だという雰囲気になっているのも気に食わないと話した。

また、明日美にとっては恋人と一緒にいることが何よりも大事なことである。彼女自身、ちょっとした喧嘩はあるものの、百音の同僚・内田(清水尋也)との交際は順調である。
百音にも菅波(坂口健太郎)という恋人がいて、彼は近々東京に戻ってくることになっていた。入れ違いになり、結婚を延期してまで百音が地元に帰ることが理解できないと話した。

一方で明日美は、百音が故郷に戻ることを心底喜んでいるという。百音は東日本大震災の時に何もできなかったことを気に病み、地元にいられないと思うようになってしまった。そんな百音が自ら里帰りを決めたことはとても喜ばしいことだと満面の笑みで話した。
百音は、明日美の笑顔に救われた思いがした。いつも明るい明日見には救われたと、百音は感謝を述べた。

そのままふたりは雑魚寝した。
夜中に宇田川が風呂を掃除する音が聞こえてきた。初めて聞いた時は不気味だったが、今ではむしろ心が休まる音である。

* * *

続きを読む