NHK『カーネーション』第78回

自炊の様子をtwitterに写真付きで実況していることについて、某夫婦から「木公くん、あれマズイよ。お嫁さんもらえなくなるよ。『ワタシ、あんなに上手に料理できないわ。結婚しても食べさせるものがないわ』と女性が萎縮してしまうよ。婚期遠のくよ」と言われてしまい、ああしまった!と激しく後悔している当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第78回目の放送を見ましたよ。


* * *
第14週「明るい未来」

1945年(昭和20年)10月。
八重子(田丸麻紀)が久しぶりに糸子(尾野真千子)を訪ねてきた。ふたりが顔を合わせるのは、戦死した泰蔵(須賀貴匡)の葬式以来のことだった。

八重子は安岡の家を出て、子供らと一緒に実家に帰ることを決めたと言う。義理の母・玉枝(濱田マリ)との折り合いが悪くなり、これ以上辛抱できなくなったのだ。泰蔵が戦争から帰ってくるまでの辛抱だと思っていたが、その希望もなくなった。もう玉枝と仲良く暮らすことはできないと言うのだった。
玉枝は可愛がっていた息子の泰蔵と勘助(尾上寛之)を両方共戦争で失った。そのせいで正気を失ってしまったのだ。彼らが死んだのは、八重子が死神を連れて嫁に来たせいであると言ってなじるのだという。玉枝が誰かに当たりたい気持ちはよくわかるし、それを助けてやれない自分を薄情だと思う。しかし、我慢の限界に達したといって八重子は泣き出すのだった。

八重子は糸子を引き合いに出し、自分の好きな仕事に打ち込むことができれば、少々の辛いことには堪えられただろうと考えている。しかし、彼女のパーマ機は戦争中の金属供出で奪われてしまった。自分が手がける仕事もなく、メソメソするばかりの弱い女になったと言うばかりだった。

糸子はそれ以上何も言えず、八重子と別れた。
糸子は、戦争のことなど全て忘れて、何も無かったかのようにお洒落をしたり、お菓子を食べたりしたいと思った。しかし、単に物資不足を招いたというだけではなく、戦争はなんと深く辛い傷跡を人々の心に残したことだろうと思うのだった。糸子は珍しく元気を失い、無気力になった。

家に帰ると、今度は八重子の長男・太郎(大原光太郎)が待っていた。
太郎は、糸子の店で働かせて欲しいと願いでた。八重子は実家に帰ると言っているが、自分は祖母の玉枝を一人で残していく気にはならないというのだ。自分だけでも残って、玉枝と一緒に暮らることを望んでいる。しかし、そのためには稼ぎが必要なので、中学校を辞めて働きたいというのだ。
糸子は太郎の優しさに感じ入ったが、返事を保留した。

別の日、糸子は木之元(甲本雅裕)と共にヤミ市へ出かけた。洋服用の生地を探すものの見つからなかった。人々はまだまだ食うのに精一杯で、お洒落にまで気が回らず、物資も出回っていないようだった。

そんな中、ヤミ市の中に派手な格好をしたふたりの若い女性を見かけた。青や赤の原色系の上着に、色柄の入ったスカートを履いている。頭には大きなリボンを付けて、髪にはパーマがあてられていた。それはカッコよく、とても良く似合っていて、様になっていた。
彼女らはパンパン(売春婦)だと言って木之元が止めるのも聞かず、糸子はふたりに声をかけた。けれども、彼女らは蓮っ葉な口のきき方をし、田舎くさい格好の糸子をバカにするだけで立ちさってしまった。糸子は腹を立てたが、とにかく彼女らの様子をそばで見ることができて、新しい時代のお洒落を感じ取ることができた。

糸子は木之元の力を借りて、どこかでパーマ機を手に入れることができないか探した。その結果、やっと東京で中古のパーマ機が1台だけ売りだされているのを見つけた。

早速、糸子は八重子を呼び出した。一緒に東京に行ってパーマ機を購入し、八重子が岸和田に残って美容室を始めることを提案した。糸子が洋服、八重子がパーマと分担して、女性を飾り立てる仕事をしようと持ちかけたのだ。もちろん、好きな仕事に打ち込むことで、八重子が自信を取り戻すということも狙ってのことである。

八重子は、実家に帰ることはもう決めたことだから、といってそれを受け入れようとはしなかった。糸子は大声をあげたり、声を低めてなだめたりと、緩急をつけた1時間もの説得を続け、やっと東京へ一緒にパーマ機を買いに行くことを承諾させた。金は全て糸子が貸すことになった。パーマは大流行するはずだから、金もすぐに返せるというのが糸子の読みだった。
* * *


最近、玉枝はほとんどでてこないのに、玉枝の嫁いびりがまざまざと浮かび上がるからすごい。これというのも、第56話で見せた演技の強烈な印象が残っているからでしょうね。精神が参ってしまった勘助のことを、糸子がお節介してますますひどくさせた時に、玉枝が雨の中絶交を告げに来るあのシーン。

あんなに明るかった八重子が憔悴しきっているのも涙を誘います。

そして、何よりも健気なのが、長男・太郎ですね。母と祖母が対立するのをわかっていながら、祖母を見捨てきれられずに、働いて残るだなんて。以前から、母思いの良い息子として描かれていましたが、祖母にも優しいとは!あんなに意地悪になってしまった玉枝なのに!!

今日の放送は面白かった。
パンパンの衣装もかわいかったし。

別の話。
今朝、オープニング映像がちょっと変わっているのに気づきました。
曲の最後、牛乳瓶に挿したカーネーションを見上げるシーンに、娘が3人登場するようになりましたね。
録画してあるのを見返したら、年明け4日の放送からでした。やるな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. あけおめ、ことよろです。
    昨今は料理の出来る男はもてますよ。特に若い世代や
    キャリアウーマンには♪
    今、モテ男No1の向井理くんも料理上手だし、モテ男芸人の田村淳もプロ顔負けの腕前ですよ。
    それに、料理にちょっと自信があることを伝えておけば、『木公さんの料理たべた〜い♪』とお家に来てくれますよ(^^*)
    かつて私もフランス料理の専門学校に通っている彼氏とおつきあいしていたことがありました。パスタをご馳走になったり、クリスマスにはシュトーレンを作ってもらったものです。是非、極めて武器にしてくださいね☆

    • 料理を極めれば、dadaaYOMEさんみたいな美人さんを家に呼べるなんて、夢が広がります!頑張ります!

      そんなわけで、ことよろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。