手塚治虫アンソロジー 猫傑作選



手塚治虫の数多の作品の中から、猫が登場する話を集めた企画本。
「ブラックジャック」とか「ユニコ」とか「鉄腕アトム」とか、「ミッドナイト」(これ、知らなかった)などの他、読みきり作品なんかも多数収録されている。

まだ1巻しか読んでいないけれど、そこに表れている手塚治虫の”猫観”は、”人知を超えた能力を有し、身勝手で、自分たちが万物の長だと思って生きている。しかし、人への愛も兼ね備えている」という、まぁありがちな猫観。
しかし、いずれの話も、最後にちらっとホロリとさせてくれるので、夢中で読めました。

1巻の2作目「おけさのひょう六」というお話が好き。
踊りを生きがいにしていた小作人が、大名を揶揄した踊りをしたせいで目を潰されてしまい踊ることができなくなる。
それを不憫に思った飼い猫が、代わりに踊るという話。
・・・なんつーか、これやって書いてしまうとすんげぇ陳腐な話なわけだが、笠をかぶってにゃこにゃこ踊る白いネコちゃんの描写がかわいくて萌えたのだ。

alm-ore 読者の全員にオススメするわけではないけれど、alm-ore 読者には猫好きが多いので、その人たちとはこの作品集を共有したいと思った。




あるむは上野樹里がお気に入りの様子です
ところで、最近ある読者様から
最近、あるにゃんの写真が少ない!
とお叱りを受けたので、ネコ繋がりってことで掲載。

ドラマ「のだめカンタービレ」の最終回のワンシーン。
あるむは上野樹里がお気に入りの様子です。

あるにゃんは女の子ちゃんなので、千秋役の玉木宏(←音声注意。職場から見ているアナタですよ、アナタ。)にお熱になるかと思っていたんだけれど、見向きもしなかった。

コメント (6)

  1. ミッドナイトは元不良のタクシードライバー(無免許)の話だな。
    ブラックジャックとの競演なんかもあったりするよ。

    私は『手塚治虫恐怖短編集』なんかも好きだったりするなぁ

  2. この漫画は読んだことないのですが、
    「にゃこにゃこ踊る」という表現にきらきらしてしまいました。

  3. Caesar さん:
    ミッドナイト、2巻にも収録されていました。
    「夜はいろいろな顔をもっている その顔をひとつひとつのぞいていく男 ・・・・・ その名をミッドナイト」
    ですな。

    Rinさん:
    CM見ました。
    「なんだよ。野郎の肢体なんて見ても、つまんねーんだよ!」
    と悪態をついていましたが、ラストでにゃっこりきました。
    どもです。

  4. 玉木にメロメロです。。。

    手塚治虫傑作集は必読です。
    部屋に積み上げて寝る前に読みます。
    猫は健気で泣けますわ。
    では、よいお年を!

  5. 手塚治虫傑作集、みなさんおなじみなんですね。

    うちのあるにゃんは、僕が年末大掃除をしようとした矢先、ティッシュをガジガジかじって部屋を散らかしてくれます。ちっ。
    良いお年を。
    #alm-ore は年中無休ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。