NHK『カーネーション』第1回

「半年ぶりに、俺の根性試しがはじまるぜ」とひとりごちている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第1回目の放送を見ましたよ。

* * *
第1週「あこがれ」
大正13年(1924年)9月、大阪府岸和田市。
早朝にも関わらず、街中の男たちが続々と集まってくる。今日は岸和田の名物、だんじりの日だ。男はだんじりを曳く役割、女はごちそう作りと朝から大忙しである。

いつもは朝寝坊の小原糸子(二宮星)もぱっちりと目を覚ました。糸子もこの日を楽しみにしていたのだ。出かけていく父・善作(小林薫)を大はしゃぎで送り出した。

近所の髪結い・安岡玉枝(濱田マリ)が小原家を訪ねてきた。一緒にだんじり見物をしたいと言うのだ。安岡家の長男・泰蔵(須賀貴匡)は、今日のだんじりで大工方を務める。大工方とはだんじりの屋根の上から合図を出す役割である。もっとも目立ってかっこいい役であるが、同時に危険もつきまとう。失敗して恥を欠いたり、怪我をしたりするのではないかと、玉枝は心配でならない。

玉江は、次男の勘助(吉岡竜輝)を連れていた。勘助は糸子と同じ尋常小学校5年生であるが、ふたりはあまり仲良くしようとしない。勘助は糸子を自分の格下だと思っている。一方の糸子も勝気な性格であり、弱虫のくせにすぐに威張ろうとする勘助のことが気にくわない。ふたりはいつも喧嘩ばかりしている。
それでも、だんじりがやって来ると、ふたりは揃って声援を送った。だんじりが大好きな気持ちは同じだった。

大工方の泰蔵は、完璧に役割をこなした。夜には、小原家にみんなが集まって宴会となった。糸子の祖母・ハル(正司照枝)と母・千代(麻生祐未)が腕によりをかけて作った料理も大好評だった。

夜の余興として、子供たちもだんじりを曳かせてもらった。ただし、だんじりに登ることを許されたのは男の子だけで、女の子は良くても綱を曳く係だけだった。糸子は自分も大工方になりたいと願ったが、しきたりでそれは許されないのだ。勘助からも、女には無理だと言われ、頭に来て彼をつねってやった。

だんじりの翌日、街も人も日常に戻った。
昨日は早起きした糸子であったが、今日は家中の誰よりも寝坊した。昨日はあんなにたくさんのごちそうがあったのに、今日は白米とメザシだけの食事だ。昨日は一日中機嫌の良かった父なのに、行儀の悪い糸子のことを今日は朝から怒鳴りちらしている。

学校では、男子たちがカエルをいじめていた。糸子はそれを助け、逆に男子たちを追い掛け回した。
その様子を、離れたところから呆れた顔で眺めていた少女がいた。街で一番の料理屋の娘の吉田奈津(高須瑠香)である。粗暴な糸子と違って、彼女はおしとやかで、通学にも日傘をさしている。
奈津は毎日違う着物で学校へやって来る。呉服屋の娘である糸子ですら、毎日同じ着物だというのに。

下校途中、だんじりで大工方を務めた泰蔵とすれ違った。奈津は恋する娘のまなざしで彼を見つめた。一方の糸子は、自分もだんじりに参加したいと、そればかり考えていた。

* * *


本作は、着物の時代にドレスに出会い、洋裁の世界に飛び込んでいく女性の一代記だそうだ。ファッションデザイナー・コシノヒロココシノジュンココシノミチコの3姉妹の母・小篠綾子がモデルになっているそうだ。

ヒロインを演じるのは尾野真千子。今日の放送では、イメージシーンで登場した。幼少時代を演じる二宮星と並んで現れ、「♪着物の時代にドレスに出会う~。夢見て、愛して、駆け抜けた~」とかなんとか、あらすじを説明する歌を歌っていた。

ちなみに、僕が初めて尾野真千子を見たのは『殯の森』だった。カンヌ映画祭でグランプリをとったとかなんとかで、話題になったから見に行ったのだ。しかし、内容はアレで見続けるのに苦労した。でも、主演の尾野真千子がキレイだなぁとウットリ見ていたことを覚えている。ちなみに、胸をはだけるシーンが見れる。そこが最大の見所。

胸がはだけるといえば。今日の放送でも、寝起きの糸子(子役)の浴衣の胸がはだけていた。それほど幼女に興味のない当方であるが、ちょっとドキドキした。でもって、祖母にだらしないカッコウだと突っ込まれ、母に整えられていた。糸子のおてんばな性格と家族の仲の良さを表現する、さりげない演出だなぁと、ちょっと感心した。

主題歌は椎名林檎。彼女の楽曲をほとんど聞いたことのない当方が言うのもアレだが、今回の主題歌「カーネーション」は、事前に椎名林檎が担当していると知っていなければ気づかなかったかもしれない。しっとりと落ち着いた歌でしたね。

あと、宴会のシーンで水なすを食べていた。とても良く漬かっていたそうで。いいなぁ水なす、食いたい水なす。

そんなわけで、初回はかなり良い印象です。名作の予感。

コメント (2)

  1. 木公
    尾野真千子と二宮星が歌うあらすじソングを以下のページで聴けることが判明。プレマップ2のビデオ。
  2. ピンバック: [alm-ore] NHK『カーネーション』最終回(第151回)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。