9:00

機動戦士ガンダムの第24話は「迫撃!トリプルドム」.
そうかー,24を一気に見ようとしたら,「ガンダム大地に立つ」から「迫撃!トリプルドム」までをいっぺんに見るようなもんなのか.

いや・・・.
24は,1話が1時間なので,ガンダムに換算すると48話分.
ガンダムは43話までしかないから,ガンダムを一通り見てZガンダムの5話目,確か「父と子」あたりまで見る計算かぁ.

つらくなってきたよ,ママー.

続きを読む

7:00

今もそうだけれど,大学時代は随分,不規則で偏った食事をしていた.
たいてい,15時頃に講座でカップラーメンとか.

その日も,いつものごとく「おしゃべり部屋」(名誉のために書いておくと,本当はゼミなんかで使うミーティングルームなんだけれど,普段はリフレッシュルーム扱い)でお湯を沸かし,カップラーメンの容器に注ぎ,できあがるまでの3分間は自席に戻ってメールをチェックするか何かをしていた.
3分経ったので戻ると,僕のカップ麺が忽然と消えている.
誰だよ!俺の貴重な食料をぎったやつ!
・・・ていうか,僕のラーメンがゴミ箱に捨てられている.
あんまりだ.俺,何か悪いことしたか?そりゃ,大学で遊んでばかりいるけれど,人をイジメたりとかしたことないし,女の子にも恨まれるようなことをした覚えは(それほど)ないぞ.(T_T)

数十分後,
木公さ~ん,ケーキ食べませんか?
と,後輩の女の子が声をかけにきた.
おしゃべり部屋に行ってみると,講座のみんながいて,僕の誕生日を祝ってケーキを用意してくれていた.

どーやら,ケーキを食べる前に僕が満腹になってしまっては困るので,あえて僕のラーメンを捨てたらしい.
ある年のある月の24日のできごと.
今でも,思い出すと,ちょっと胸が熱い.

だけど,世の中には,食べるものに困っている人もいるんだから,食べ物を粗末するのは,ちょっとイカンよな.
つーか,こう見えて当方「痩せの大食い」なので,カップ麺とケーキくらい軽いぜ.
次回,同じようなケースがあってもカップ麺捨てないでください.

続きを読む

6:00

札幌地下鉄南北線,24条駅のバスターミナル横にはミスタードーナツがある.
そこで,旧姓Yさんと待ち合わせしたことアリ.
デートじゃなくて,ある人から頼まれた用事を2人でやらなければならなかったからだけれど.
どーせなら,用事をすませた後,食事にでも誘えばよかったと後悔することしきり.

続きを読む

Midnight

やべぇ,全然ネタ思いつかねぇ.
展開が読めねぇ.

とりあえず,女の子ネタから入ろうか.
Jack の娘の Kim かわいいなぁ.ああいう感じの,ツンとした鼻好きだなぁ.

でも,夜中に連絡つかんのはイカンよ.
当方,夜中に某女の子と連絡がつかなくなって,人生最大級の不安に陥ったことがある.
札幌に住んでいて,24歳のときだ(多分,男の後厄の年).

夜中,そう,まさしく midnight に東京にいる女の子から電話がかかってきた.
声がすごく暗い.もう,完全に普通じゃない状態.
木公,私,あの男が憎い.だけど好きだし,忘れられない.いっそ,死んでしまいたい.最期に木公と話がしたくて・・・
みたいな話.

いろいろ説得したり,元気付けたりしたんだけれど,
最後には
バイバイ
と言われ,「かちゃっ」という音とともに受話器を置かれた.

注意していただきたいのは,電話を切られた,ではなく,受話器を置かれたという点.
先方は,受話器を置いて電話を切ったつもりだったのかもしれない.しかし,妙な具合に受話器がズレてしまったようで,電話は切れていなかった.
受話器を硬いものにぶつける音がし,その後,かすかに相手の女の子の息遣いが2,3度聞こえた.その後,何も聞こえなくなった.

一方で,「アイツのことだから,本気で死んだりはしないよなぁ」と冷静に考えながらも,「このまま放っておいて,本気だったらどうしよう.俺が見捨てたことになるんだよな?一生枕元に立たれるよな」メチャメチャ焦ったり.
ご近所さんなら,すぐに走って助けにも行きますわ.だけど,相手は東京ですよ?飛行機の始発だって朝6時.どないせーっつーねん?

とりあえず,無駄だとは思いつつ,電話で大声で呼びかける.僕,必死.しかし,反応はない.
ケータイもそれほど普及していない時代だったから,固定電話以外に連絡のしようがないし.だけど,相手は受話器をきちんと置いていないから,かけ直してもずーっと話中のままになるはずだし・・・.
そりゃ,もう焦ったよ.

なお,この話はここまで.この後どうしたかは,ちょっと書けない.
結果だけお教えすると,このときの女の子は,今でもピンピン生きています.絶対に,僕より長生きすると思う.
今でも,最低2年に1回くらいはお会いして飲みに行きますし,仲良しです.
#ただ,この夜の事件は,タブーで話題に上らないけれど・・・.

そんなわけで,夜中に連絡がつかないのはいけません.

続きを読む