連ドラ「だんだん」 第36回 (11/8)

札幌グランドホテルのビデオ料金は1,500円であり、ビジネスホテルの相場よりは高いなぁと思った当方が、「だんだん」の36回目の放送を見ましたよ。

のぞみ(三倉佳奈)はスカウトマン・石橋(山口翔悟)に歌うように説得され、ライブハウスへ向かう。京都にやってきた義弟・健太郎(木咲直人)はめぐみ(三倉茉奈)の前に姿を現すが、喧嘩別れして再び行方をくらまし、ライブハウスへ向かう。連絡を受けためぐみはライブハウスへ向かう。健太郎を追って京都へやって来た忠(吉田栄作)も情報を得て、前妻・真喜子(石田ひかり)と共にライブハウスへ向かう。
要するに、主要メンバーが都合よくライブハウスに集合する。ふたごはステージで美しいハーモニーを聞かせ、人々はその歌声に都合よく酔いしれる。






ここまで大胆に話を展開されてしまうと、そういうもんなのだなぁと思うしかない。

アダルトビデオでは、どんな不細工な男でも、きれいなおねーさんに惚れられてしまうわけだ。そんなバカなと思いつつも、そういうもんなのだなぁと納得して見るわけで。
そういう境地で見りゃいいんだなぁ、と。
#見終わった後の虚脱感も似てるっちゃ、似てるなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。