難波ボクシングジム

NHKのドラマ『だんだん』では、主人公の父(吉田栄作)が大阪のボクシングジムを訪れる。連続テレビ小説「だんだん」ボクシングシーン取材会という特別映像もwebで公開されている。

劇中では「難波ボクシングジム」というジムが登場するのだが、テレビを見ていてその建物に見覚えがあった。大阪市浪速区桜川にある、井岡ボクシングジムの建物に間違いがなかった。

そんなわけで本日、マジスパに行くついでに見てきた。

井岡ボクシングジム



続きを読む

メイド・イン・山瀬まみ

いや、文法的には「山瀬まみ in メイド服」と言うのが正しいと思うのだが。

メイド服の山瀬まみ

これ、週刊プレイボーイ 1994年1月25日号の巻頭グラビア。25歳の山瀬まみ。僕の知る限り、男性誌に山瀬まみのグラビア(しかも、ちょっとエロい)が載ったのはこれが最後。
今から14年前といえば、世の中にメイド喫茶もなく、今のようなメイド萌えなどほとんどなかった時代(たとえば、メイド喫茶ができたのが2000年らしい)。時代を先取りだぜ、山瀬まみ。




続きを読む

小出早織マイブームの到来

小出早織NHKの特番コント『祝女』に出演していた小出早織にハマった。

テレビを見ながら、かわいいなぁと思い、目は画面に釘付けのままwebで情報を集めた。すると、映画『舞妓Haaaan!!!』で舞妓・駒子役(準主役級)やってた女優さんだったと判明。そういえば、同映画を観てかわいいなぁと思っていたことを思い出す。
童顔系で、おっちゃんの大好物系です。
額にペケ印をつけたい。


ブログ『かたっぽ なくした てぶくろ』に掲載されているプロフィール写真は、当方にはちょっと微妙です(それでも、各記事の最後にか記してある「ほな」が可愛くて、萌え死しそうなボクですが)。
しかし、所属事務所のサイトにある写真(当記事にも貼った)は、当方のストライクゾーンど真ん中。丼飯3杯はいけます。

そんなわけで、京都府内で更新されている当blogは、京都出身の小出早織さんを全力で応援していく所存なり。


続きを読む

おい、知人の娘!

知人(かわいい)の娘(かわいい)が写っている3枚の写真を見ていて、何か違和感を感じた。


右足が可愛い写真


いずれの写真も、右足をくねっと曲げてポーズをとっていることが原因だ。
なぜそのポーズなのかよくわからないが、とにかくかわいい幼女(6さい)の写真を見て一人なごんでいる夜。



続きを読む

『聖の青春』(大崎善生)

村山は旅立った。どこからどういうルートで向かったのか大阪から函館に着くまでに、6日間を費やしたという。
 (中略)
「北海道って、花ばかり咲いていて、何もないところなんですね」
電話の向こうで村山は、とても晴れがましい声で言った。

それでいいんやと、口には出さなかったが森は思った。それを知るために旅があるんだ。


ガイドブックも何もない、行き当たりばったりの旅に憧れてしまいますな。
本に書かれていることを確認しにいく旅じゃなくて、自分で何かを発見する旅をしたいですな。




続きを読む

「だんだん」日誌終結宣言

「だんだん」第9週 “恋のバカンス”のあらすじを読んでひどくガッカリした当方が、「だんだん」日誌の連載をやめることをここに宣言しますよ。

今まで応援してくださった皆さん、どうもありがとうございました。





続きを読む

『RIBBON』 山瀬まみ

以前、こんなことを書いた

あと、山瀬まみCDも5枚ほど車に搭載した。
“Private Edition”、”親指姫”、”親指姫 ふたたび”、”Might Baby”、”山瀬まみコレクション”。
本当は “RIBBON” も持っていたはずなのだが、ここ数年見当たらない。
実はものすごくショックを受けているのだが、もうオトナだから我慢する。


オトナだから我慢していたのだけれど、やっぱりずーっと心に引っかかっていて、実家の納戸をガサガサと探してみたら、やっと見つかった!

山瀬まみ 『RIBBON』のジャケット



続きを読む

「だんだん」 48回 (11/22)

実家で朝寝坊したので朝の放送は見れなかった。そこで12:45の放送を見ることにした。
実家の人々の意地悪なのかなんなのか、12:45ちょうどに食事が始まってしまうわ、どーでもいい話が振られるわで、集中することができなかった当方が、「だんだん」の48回目の放送を見ましたよ。

双子に挨拶せぬまま福岡に向かおうとする石橋であった。バンド仲間の康太(久保山知洋)は彼を引き止め、めぐみ(三倉茉奈)を呼び出す。連絡を受けためぐみは、のぞみ(三倉佳奈)に一緒に来るよう告げ、そのうえ自分は石橋が好きだと宣言する。しかし、のぞみは動こうとしなかったので、めぐみは一人で石橋のいるライブハウスへ向かう。そこでめぐみは、石橋のことが好きだと告白し、彼のために “M” を歌う。その途中、のぞみもライブハウスにやってくる。


続きを読む